お餅。

その他

お餅。のはじめてのゲームプログラミング

前回小説を書くと言ったな、あれは嘘だ。……あぁっ、そんな怒った顔をしないでくだ...
ゲーム

方向音痴のゲーマー人生

皆さんこんにちは。また私のコラムの時間がやってきました、お餅。です。 突...
その他

アイコンの狐の話

今更ですがはじめまして、"お餅。"と言います。今回は初めての自分語りな記事にな...
小説

007-六次の隔たり

 『六次(ろくじ)の隔(へだ)たり』という言葉を知っている人はそう多くはないだ...
小説

006-仮面の下

 その人はいつも笑顔で、相手が誰であろうと分け隔(へだ)てなく優しく話す。例え...
小説

005-萩に猪

 この国に古くから伝わる花札という遊び、名前だけは知っているという人も多いだろ...
小説

004-十人十色

 僕は周りの人物を注視すると、その人に色が付いて見えてくる。その色は単純な赤だ...
小説

003-私はあなたを

 当時英語の教師をしていた夏目漱石が"I love you."という英文を『我...
小説

002-片方だけの靴下

 昔からズボラな俺は、家の中なのに気付けばいつの間にか様々な物を失くしてしまう...
タイトルとURLをコピーしました