知的障がい

知的障がいとは?

知的障がいの症状と利用者について

症状

知的障がいとは、精神遅滞(MR)とも称される、知的な発達障がいのことを表します。 発達期(18歳以下)と呼ばれる時期に、知的能力や社会への順応能力の発達が一定水準まで満たしておらず、私生活に問題を抱えてしまっている状態を指します。 知的障がいには4つの一般分類が存在し、「軽度知的障がい」「中度知的障がい」「重度知的障がい」「最重度知的障がい」のどの分類に属するかは、知能指数検査など様々な観点から総合的に考慮して判断されます。

利用者の状況

・相手に自分の思いをうまく伝えるのが苦手で、したいことを我慢してしまう
・時間を管理することが苦手で、決められた時間に来られないことが多い
・繰り返し同じ話をすることがある

クリエイターズよこはまでは

・相手の話に傾聴することや、質問しやすいような雰囲気を意識して、自分から伝えられるように支援
 していきます
・会話や作業の中で「できること」を一緒に見つけ、苦手意識を軽減し、モチベーションを上げるよう
 に支援していきます

関連記事

  1. 【クリエーターNo.5】 0923Mさん
  2. 【クリエーターNo.13】ハリーさん

おすすめ記事

  1. パンダちゃん続々中国に帰るってよ
  2. やれたらいいなダイエット企画155
  3. やれたらいいなダイエット企画154
PAGE TOP