その他

つぶやき~私の人生はイージーモード?~

今日いきなり冬みたいに寒くなったね

つぶやき~部屋の大掃除をしました~で8月に部屋の片づけをして夏使用に衣替えしたから今長袖が全くないんだ
自分の部屋なのに(笑)どこに長袖があるのかわからないw
だからたまたま目の前にあったオシャレ着があったのでやむを得ずそれを着ることになった
だから、今の私はお出かけだろうが、仕事だろうが無駄にオシャレだ
まあ、私生活やオシャレに”無駄”なんてものはないんだけどね
だから”生活の質が上がった”ってことで。よろ(笑)

ところで、私就活のスーツを人生で一回も着たことないんだ
よくよく考えてみると、私、就活で一回もちゃんとした面接をしたことがない。
動物園も形だけのほぼ入社確定の面接しかしたことないし
周りからすれば、私は人生イージーモードに見えるかもしれない
まあ、それも合ってるっちゃ合ってるし、間違ってるっちゃ間違ってる。
イージーモードなのではない。

「運とご縁に恵まれている」

と言った方が正しい

私は人生イージーモードなのではなくて、
一見不幸なことがあったとしても、それが”経験”だったり”勉強”だったりに捉えられるようになったから、「私は不幸な人生だ」と感じなくなったという事だ
(もちろん、最初からできるようになったんじゃない。昔は全くできなかったよ。だんだんできるようになったんだよ。だからゆっくりね(o^―^o)ニコ)

そうゆう意味では人生イージーモード
いや、ラッキーモードなのかもしれない

今はほぼ忘れてしまったし、そもそも不幸だと思っていないから、みんなから見えないかもしれないけど、みんな忘れてないかい?私もそれなりの壮絶な人生たどってるんだよ?


記憶がない頃に親離婚(お父さんはお母さんを突き飛ばしたりetc…)
中学に自分の学年全員からのいじめ(1組~5組まで)
お母さん亡くなる(実の両親いなくなる)
大学進学への道が閉ざされる
からの突然訪れる暗黒の就活時代(一瞬だけど)
注射恐怖症になる
お母さんの穴を埋めようとして
いろんな人に寄りかかりすぎて大切な人が次々と離れてく、辞めてく
寄りかかりすぎて支援者さんを精神的に追い詰める
グループホームの職員さんとぶつかる(ほぼ毎日)
自身の精神不調等で会社クビになる
(会社側も私の体調考えての解雇だったから、会社を悪い風に思わないでほしい)
彼氏と別れる(まあ一度じゃなくて何回もあったんだけど笑 そのひとつひとつが勉強になった)

でも、私は
壮絶な不幸な人生を辿った人=そのあと幸せになれる
そうじゃない人(人生ずっとhappy or ふつうの人生)=幸せになれない
とも思っていない

私はいじめられてから大人になってわかったけど、
大事なのは過去に何があったかというよりも
その後どうするかが大事なんだと思う

今現在いじめられている人には残酷なお話するけど
(なんなら、ここで閉じてもらって構わないけど)
いじめにあって、その後の人生も不幸になっている人もいるし
いじめたのに、その後の人生大成功、幸せになっている人もいる
現実にいる

いじめにあった人にとっては
殺意が湧くかもしれない。
現に私も当時だったら多分そう思ってた

でも、いじめられようが、お母さんが亡くなろうが、
新入社員で入社すれば、スタートラインはみんな同じなんだ
私も当時はお母さんが亡くなった子、高卒のまだ幼い新入社員ってことで、多少は皆さんから気を遣ってもらったことはあったけど
大きく特別扱いしてもらったことはないよ。
新入社員であることには変わりないし、作業内容にお母さんが亡くなったことは関係ないしね

私は入社する前に高校卒業するあたりに、(お母さんが亡くなって間もない頃)
「あ、私は今はこうやってみんなにお母さんが亡くなって”可哀そうな子””ケアしてあげなきゃいけない子”として見られているけど、これも近々なくなるんだ。だから今のうちに自立できるように心の準備しておかなきゃ」
と思っていた

だから、あの頃は私なりに心の自立をするようにしていたよ

私の夢は”テレビに出る事”

なぜ出たいの?
と問われたら、明確な理由はない。ただ、出たいという思いが強いのだけれど、
ひとつ言えるとしたら、
「同じ境遇の人を救いたい」
「今度はいじめられている人を助ける側になりたい」
という気持ちがある

しかし、これをある知人に相談したら
「そうだね。とてもいいと思う。でも、こうゆう志で活動している人は”たくさんいる”その中でどう沙彩さんにしかない個性を出すかだね」
という一言で私はハッ!とした

そうだ。
同じような人はたくさんいる
同じような人で埋もれてしまえば、誰も見てくれない。
その中で”沙彩さんしかいない!”と思ってもらえる個性をどう出していけるかが大事だと思った。

そして、自然と
私が無意識に思っていた
”いじめられた人は自然と有名な人になって成功する(幸せになれる)”
という思い込みが崩れた

”いじめられたことが大事なんじゃない。いじめられた後で、何をするかで悪人にも良い人にもなれる”

ということだ
(悪人と良い人と分けること自体、あまりいい言い方ではないけど、今回わかりやすくこのように書きました)

最後に私の大好きな「カンフーパンダ2」の名言を残して終わります!

シェン「なぜだ!?私はお前のすべてを奪ったというのに!すべてをだ!生涯心に残る傷跡を付けた」
悪役のシェン大王はポーのパンダ一族を殺していました
これは最後のシーンの名言です
ポー「じゃあ傷は?薄くなるとか?」
シェン「傷跡がどうなろうといい」
ポー「消えていくんだ。君も過去のことは忘れちゃえ だってどうだっていいんだから 大事なのは、今どう生きるかだ

ちなみに
私はカンフーパンダでマスタータイガーとシェン大王が好きです💖

❀沙彩❀

投稿者の記事一覧

絵を描くこと 動物 小説を書くこと 和太鼓 三味線 琴 獅子舞 水泳 けん玉 子供とふれあうこと 大好き❀沙彩❀です
いつもワクワクするブログや深い内容のブログを書いています
いつもたくさんの人たちに読んでもらえて嬉しいです(*^^*)


関連記事

  1. 全身ローラー
  2. 最近、新発売されたバイクに興味が湧いてきました
  3. やれたらいいなダイエット企画124
  4. やれたらいいなダイエット企画37
  5. ワクチン接種
  6. やれたらいいなダイエット企画43
  7. 青りんご
  8. ロープウェイ

おすすめ記事

  1. パンダちゃん続々中国に帰るってよ
  2. やれたらいいなダイエット企画155
  3. やれたらいいなダイエット企画154
PAGE TOP