つぶやき~デザインフェスタ55!!~

近くのコンビニは店内を一周するほどの長い行列

朝ご飯は、(当日のビックサイト付近のコンビニは買い尽くされているので)前日にクリエイトで買ったパンを10時から列に並びながらモリモリ
(開場は11時☆)

後半はかかとが痛くて、足は棒

売っている雑貨は平均2000円~5000円、中には諭吉さんが何枚も飛んでいくものもある

ステージは鼓膜が破れるほどのどんちゃん騒ぎ(もうちょっとスピーカーの音量下げてくれや…)

帰りは19時終わりで外真っ暗☆

屋台はベーコンステーキ串だけで600円(昼飯)
(いや、美味しいけど)

私はそれだけではお腹が空くので満腹になるために
「よし!次食べにいくぞ!」
と立ち上がった

すると友達は不思議な顔をして
「なに言ってるの?おばあちゃんみたいなこと言って」
と言った
そしてそのまま私はベーコンステーキ串一本だけの空腹のままの腹を引きずって
デザフェス後半へ行く事となった

そう、ここがデザフェス、もとい、デザインフェスタなのである。

デザインフェスタ55

決めた、今度デザフェス行くときは朝ご飯だけじゃなくて、
おにぎり二個、お昼ごはんに持っていく
売店で串一本が600円だなんて高すぎるし
OKで500円以下で私の大好きなサーモンユッケ丼が買える

そう心に決めた私は東京ビッグサイトのデザインフェスタ55に来ていた

さすがに串一本じゃお腹が空く…
私は後半戦そのせいでお腹空いたことに神経がいって話の内容が全く入ってこなかった

一緒に来ていたデザフェス民たちはこうゆう楽しいところに来ると空腹とか全く気にならなくなるらしく、「これが通常運転だ」と言わんばかりに売店を後にしていった

決めた。自分の腹の責任は自分で取ろう

話が上下してしまったが私はいつものデザフェス勢たちについて行って朝からデザフェスの列に出陣していった

これが通常なのか?連れに聞いてみると
「いや、私たちはそれぞれ周りたい箇所がいっぱいあるから、ただちょっとだけ見に行くとか、ただサークル(出展者)さんにあいさつしたいだけだったら昼から参加でもいいと思いますぜ」
と言っていた

今度別の友達連れてくるときは昼からにするかな

話は飛んで二日目の日
この日は友達がずっと一年前から推していた作家さんがデザフェスに来ているという報告を聞きつけて
私達は会場が開くや否やその作家さんのところへ突撃していった(もちろん許される速度で)

友達はまるで
「ジャニーズの握手会にでも来たんか!」
ってくらい普段とは比べ物にならないくらい乙女💖になっていた

最後残り30分で終わる!というところで、
私は奇跡の再会を果たしてしまった

スッと通っていくと、
今まさに、私が持っている豚バッグの作家さんが目の前に…!

そう、このバッグは友達が私がデザフェスの存在を知る前に誕生日プレゼントで買ってくれた豚バッグで、そのときからずっと好きで使っていたバッグだった

はッッッッッッッ!(゚Д゚;)

ついに出会ってしまった!

私は友達の肩をドンドン叩き、あれ!あれ!語彙力のなくなった声で言った

そう、この作家さんは全くチェックしていなくて、
まさかデザフェスに出陣しているとは思わなかったのだ

もしここを通らなかったら
私はこの作家さんと出会えなかったかもしれない

私はすぐさまピョーンとサークル(作家さん)さんのところに飛んでいき、
サークルさんが描く豚への愛をめいいっぱい伝えた
推しは推せるときに押しておけ
私もこのサークルさんとまたいつ会えるかわからなかったので、
この豚ちゃんが大好きなこと、この売っているステッカーがもろタイプで大好きなこと
伝えられることはすべて伝えた

サークルさんは胸に手を当てて喜んでくれた
その温かい言葉が僕の救いになります と

私は推しにめいいっぱいの愛を伝えている姿を見て、

ああ、推し活ってこうゆうことなんだな

と、初めて自覚した

私は推しにこんなにのめり込んだことがないので、
推し活がこんなに熱意に溢れて、温かいものなんだなって初めて知った

愛の循環が起きている

私はデザフェスに参加して毎回、
愛の循環が起きているなと思っている

サークルさんの中にはプロの人もいるが
アマチュア、つまり私たちと同じ一般の人もいるのだ

そして、お客さんの中にも私の友達のように出展経験のある人もいる
なので、お客さんも出展者さんも、お互いの気持ちがわかるのだ
だからこそ、出展する大変さ、ファンから愛のメッセージをもらった時の嬉しさがわかるのだ

私はデザフェスにはまだ出展したことはないけど、
つぶやき~あおばカノン2022展示会 無事終了!!~で出展したことがある身だ
ファンからの愛の言葉をもらった時の嬉しさは染みるほどわかる
だからそのサークルさんにもめいいっぱいの愛を伝えた

しかも
デザインフェスタは通い始めると、顔見知りのサークルさんも増えてきて、
しかも向こうも自分達のことを覚えててくれるのだ
デザインフェスタにしかない、仲間が増える。
デザインフェスタにしかない、出会いがある。
だからデザフェスはやめられないのだ

君もデザフェスに沼らないか?

ちなみに私はこの日、
ステッカー300円を3枚買って900円買った
自分のお財布と相談して買った結果だ

しかし、後日そのサークルさんのTwitter見たら、
この方、関西中心に参加しているじゃないか~
結局あの時節約しなくても、意外とお金余ったので、
あの時もっと多く買っていればよかったぁ~
となった私なのであった

デザフェスは、半年に一回。
次のデザフェスにあのサークルさんがいますように

PS
ハンドメイドで指輪を作ったよ~(※1300円)


+3
作者
この記事を書いた人は??
❀沙彩❀

絵を描くこと 動物 小説を書くこと 和太鼓 三味線 琴 獅子舞 水泳 けん玉 子供とふれあうこと 大好き❀沙彩❀です
いつもワクワクするブログや深い内容のブログを書いています
いつもたくさんの人たちに読んでもらえて嬉しいです(*^^*)

❀沙彩❀をフォローする
その他コラム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました