ガンプラ:HGUC1/144ゲルググJ(イェーガー)をこれから作ります!⑤

前回はこちら

さて、今回は待ちに待った塗装を行いたいと思います。
カラーについては色々考えましたが、基本色の赤色で行こうと決めました。
やはり、初めての塗装なのであまり難しい事はせず、
シンプルに行こうと思いました。

塗装の一番初めは、サーフェイサーという下地用の塗料を塗っていきます。
サーフェイサーを塗ることで、細かい傷や、塗料の食いつきを良くしたり、
パーツが透けないようにする等の効果が得られます。
通常、サーフェイサーの色は白ですが、今回はグレー調のサーフェイサーを
使いました。このサーフェイサーの利点は、下地でありながら
そのままでも通常の色としても使える所です。
つまり、本来グレーで着色するパーツをこのサーフェイサー一つで済ませられるという事です。

室内, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

上の画像は、サーフェイサー吹く前のパーツです。
さあ、いよいよ塗装の準備をして作業に取り掛かります。
塗装の際は、必ず部屋の喚起を良くして、
マスクを(あればゴーグルも)着用します。
今回、サーフェイサーの塗装にはエアブラシを使用しました。
エアブラシでの塗装は、コンプレッサーの圧力や、ハンドピースで
エアーや塗料の噴射量を調節 するので、あまり手の動きで
加減する必要がない為、思ったほど難しくなく、
ムラの少ない塗装が出来ました。

テーブル, 室内 が含まれている画像

自動的に生成された説明

こちらが、サーフェイサーを吹いた後のパーツです。
まだ、サーフェイサーを吹いただけですか、実際かなり緊張していました。
初めてエアブラシを使いましたが、私の兄が使い方等を
指導してくれたおかげで、 どうにかパーツ全てにサーフェイサーを
塗装する事が出来ました。
そして、エアブラシは塗装作業が終了したら必ず、クリーニングをします。
塗装したパーツは、大体1日~2日しっかりと乾燥させます。

今回はここまでです。
これで下地塗装は完了で、次回から、赤と茶色を使った本塗装となります。

⑥につづく

+1
作者
この記事を書いた人は??
Nick Pandarl

どうも、こんにちは。 ゲームとプラモデルが好きです! 文章を書くことが苦手で、 うまく記事で伝えられないかも知れませんが、 よろしくおねがいします!

Nick Pandarlをフォローする
コラム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました