ガンプラ:HGUC1/144ゲルググJ(イェーガー)をこれから作ります!②

前回の振り返り

さあ、今回からHGUC1/144ゲルググJを製作したいと思います。
最初は、仮組みという工程から行い、まずは普通に組み上げて行きます。

仮組みがこちら

上の画像はHGUC1/144ゲルググJです。

ガンプラを製作するに当たって、仮組みは絶対に必要です。
理由は、全体のバランスを見たり、例えば、「スミ入れをするために、
ここは先に接着して」とか、「合わせ目を消すために、ここは先に外す」等、 そういうことが見えてきます。
それに、一度作るとイメージも沸きやすく、もし次回作る時は、
一度作っているので作業も大幅に楽になります。
次に、接着をしてヤスリ掛けを行いたいのですが、このままだと一部塗装が
しづらい箇所が、あるので、その前に後ハメ加工をしたいと思います。

後ハメ加工とは:
パーツを塗装する時、一部のパーツは合わせ目消しが出来なかったり、
不便なことが多いです。
そういう場合に行うのが後ハメ加工です。キットのパーツに手を加えて
組み立たて後でもパーツを付けたり、外せるようにする加工の事をいいます。
この加工に関してはホントに色々な技法があるので、細かい情報はここでは説明しません。

←胴体上部・胴体下部→

上の画像はゲルググJの胴の部分です。
胴の上部(画像の左側)に胴の下部(画像の右側)が
後からハメられるように加工した状態です。
少し解りづらいかもしれませんが、胴の上部のピン受け部分をホビーソーと、
デザインナイフを使い、コの字型に4ヶ所切って、胴の下部もピンを4ヶ所少し
切って、 腹のボタンのような部分(ハッチ部分)も後ハメの際、
干渉してしまう為、 ここをホビーソーで切りました。(これも約2時間かかった)

さあ、次は腕、前腕部分の後ハメ加工です。

上の画像1枚目は組み上げた状態の両腕、
2枚目が後ハメ加工をした前腕×2です。
これも先ほどの胴の加工と同じく、ピン受け部分とその上部にある板を
ホビーソーと、デザインナイフを使い、コの字型に切り取って肘関節を
後ハメできるよう加工しました。(少し苦労して約3時間かかった)
以上が今回行った後ハメ加工で、ここまで出来れば、
このゲルググJの大きな加工は十分で、 次はパーツの接着です。
しかし、思ったよりも時間がかかってしまったので、(ここまでに約7時間経過)
今回はここまでにします。次回は接着とヤスリ掛けをしたいと思います。

③につづく

0
作者
この記事を書いた人は??
Nick Pandarl

どうも、こんにちは。 ゲームとプラモデルが好きです! 文章を書くことが苦手で、 うまく記事で伝えられないかも知れませんが、 よろしくおねがいします!

Nick Pandarlをフォローする
コラム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました