ゲームのレビュー:ELDEN RING

こんにちは。今回は、2022年2月25日に発売した、

ELDEN RINGというゲームのレビューを行いたいと思います。

 

ELDEN RINGとは、FROM SOFTWAREが開発した、高難易度アクションRPGの最新作で、

同社が手掛けた、後に「ソウルライク」というジャンルを築いた、

DARK SOULSの流れを汲んだゲームです。

DARK SOULSでは、エリア間の繋がりが地続きではあったものの、狭いフィールドでしたが、

ELDEN RINGではオープンワールド化したのが最大の特徴です。

 

プレイ感に関しては、DARK SOULSのそれとほぼ違いはありません。

画面から溢れ出る雰囲気、操作性、レベリングデザイン、YOU DIEDなどは、

ほぼDARK SOULSと同じです。

 

ソウルシリーズの定番の要素に、最初のボスという物があります。

最初のボスを倒さない限り、その先のステージへと進むことが出来ないという

傍から見れば、激ムズ仕様のゲームシステムです。

ELDEN RINGにも絶対に避けては通れない、最初のボスが存在しており、

ゲーム開始直後から挑むことは可能ですが、このボスが非常に強く

初期ステータスの状態で倒す事は困難です。

しかし、今回はオープンワールドなので、最初から様々な場所へと行くことが出来ます。

マップは非常に広大で、その全てを見て回ろうとすると何十時間もかかる程で、

各所に、洞窟やダンジョン、建物などが存在している造りになっています。

どういう事かというと、様々な場所を探索する事によって、

レベルを上げつつ、武器、装備などのアイテムを入手する事が可能で、それによって、

今まで倒せなかったボスを攻略する事が出来るようになります。

 

ここまで聞くと、面白そうと思うかもしれませんが、

残念ながら悪い点もあります。

・オープンワールドのフィールド部分が若干薄い。説明不足。

 それを補うように、マップ上に突然、ボスが配置されていたりなど。

 商人や、魔術や祈祷(きとう)を教えてくれる重要NPCの居場所、更には鍛石(武器強化素材)の

 ある場所が一切、ノーヒント。あまりにも投げやりなのでは?

 普通にプレイしていると絶対に鍛石が足りなくなり、積みかける。

・全く不要なクラフトシステム。

 本作では、投擲アイテム、エンチャントアイテム、状態異常回復アイテム、矢など

 クラフトによって制作出来ますが、終始、全く使いませんでした。

 素材を消費してしまうもったいなさ、素材集めの面倒さ、

 また、どんなアイテムなのか使ってみないと分からず、試すのも面倒。

 全て従来通り、ショップ売りで良かった。

・NPCイベントの面倒さ、逃すと回収不可能なアイテムが存在する。

 NPCのイベントによっては途中からルート分岐し、結末が変わり、

 それによって貰えるアイテムが違うため、その全てを回収しようとすると、

 ゲームを2周、3周しなくてはならない。

 また、進行度によっては取り返しのつかない部分が存在するため、

 効率よく全てを回収するには頭の中で複雑なルート構築が必要。

・敵の強さが結構、理不尽。

 プレイヤーが回避をしづらくしようと、敵が攻撃モーションに強烈なディレイをかけて来たり、

 回復する間もない程、連続攻撃を繰り出してくる、伸びすぎるタックルなど。

 やたら2体以上の複数ボスが多い。同時攻撃されて、絶対に回避できないタイミングが発生する。

 (完全に殺しにかかっている)

 特に、結晶人×3体などは、専用の対策を組まないと(それでも成功6割だが)

 初見ではまず攻略不可能。

 ゲーム後半になると、その辺の雑魚ですらつかみ攻撃を食らっただけで一発即死する。

・敵がいちいち強いため、途中からマップの探索がだるくなる。

 具体的には高耐久、高火力の敵が複数配置されている場合が多いため、

 ファストトラベル出来るポイントまで、敵を無視する事がほとんど。

 人形兵(弓)、祖霊の民(弓)の攻撃で、プレイヤーに大量の矢が刺さる事が多い。

 祖霊の民(弓)に至っては、馬を使っても避け切れないほど矢の弾速が速い

 「膝に矢を受けてしまってな…」(膝どころか全身に矢が刺さっているが…)

・プレイすればする程、つまらなくなってくる。

 敵は強く、理不尽であり、また、敵もプレイヤーも強烈なパワーインフレを起こしているため、

 プレイヤー側も結局、強いクソ技をブッぱするため、

 ゲーム後半になるとかなり大味になる。

(「霜踏み」連打、消費FPが0になる霊薬を飲んでからの「彗星アズール」、

 「アステールメテオ」ブッぱなど)

2022年3月17日に霜踏みは下方修正を食らい、威力が露骨に下がりました。

・開発が悪名高いDARK SOULS 2の開発チームである事。

 ファンの間で、ELDEN RINGの事を、DARK SOULS 2(ツーツー)と言われている程。

 説明しない事が美徳と思っている節がある。(開発):「どうです、難しいでしょう?^^」

 特に最悪なのが、レアルカリア学院。

 祝福:学び舎の一室から、中間ボスの「ラダゴンの赤狼」(これも相当なクソボスだが)に

 至るまでの道。途中の階段付近に、大勢の魔術師たちが配置されていて、

 回復する間も無いほど、魔法を連打してきます。

 その様は、まるでDARK SOULS 2にあった屈指のクソマップ「アマナの祭壇」と酷似している。

 ボスにリトライしようにも、ダッシュやスニークで行ったとしても途中で

 高い確率で何発か魔法を食らう。(万全の状態でボスに挑めない)

  

この様に、言い出したらキリが無いくらい悪い点を山ほど挙げられます。

ネットにおいては、このゲームを絶賛しているレビューや、

「周りが盛り上がっているから、自分も楽しまなければならない」という

同調圧力が少なからずありますが、ELDEN RINGを購入したけど、

楽しめなかった方が居れば、共感していただけたら幸いです。🐼

+4
作者
この記事を書いた人は??
Nick Pandarl

どうも、こんにちは。 ゲームとプラモデルが好きです! 文章を書くことが苦手で、 うまく記事で伝えられないかも知れませんが、 よろしくおねがいします!

Nick Pandarlをフォローする
ゲーム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました