苦手だったヨーグルトを僕が頑張って食べる理由

最近、たまにヨーグルトを食べている。

僕はもともと乳製品がそんなに得意ではない。牛乳も嫌いだったし、給食に出てくるチーズも好きじゃなかった。そんなわけでヨーグルトもなんとなく苦手。ただ、今食べてる奴はそれなりにいける。森〇が出してるアロエ入りの可愛い奴で、甘酸っぱくてなかなか食べやすい。乳製品が苦手な僕からしても割とオススメである。

なぜ一念発起してヨーグルトを食べているのかというと、とある体質を改善する為だ。ヨーグルトは色々な面で健康にいい食べ物で、中でも腸内環境を整える力が非常に優れている。

ここからちょっとお下品な話になってしまうので、今から何か食べるという人は今すぐブラウザバックだ。3分間まってやる。

3分経ったと思うのでぶっちゃけると、

僕は便秘に悩んでいる

便秘。中々破壊力のある二文字である。爽やかさを売りにしていきたい僕としてはこんな言葉をしょっちゅう使いたくない。いつまでも(腸内で)動かず、中々姿を見せない特性から、
「伝説のポケモン」「サザンクロス(南十字星)」「エクスカリバー」などなど考えてみたがいまいち伝わりづらいので、アルファベットでBENPI略してBPで行こうと思う。

BPは辛い。

辛いんだ

お腹が張って苦しいし、鈍痛がつづく。気持ちだってすさんでくる。どうやらお肌も荒れるらしい。これはどう考えてもよろしくない。

BENPIってなあに?

日本内科学会によれば、「3日以上連続して排便が無い状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」がBPとされる。
また、ちゃんと毎日出るは出るけど、鋼鉄の心をもった刑事(デカ)みてえに固いハードボイルドな便がちょびっとしかでない場合もBPと言っていいだろう。人の数だけBPがある。みんな違ってみんないい(よくない)。

BPにはいくつかの種類がある。もっともポピュラーなものが「機能性BP」というやつで、大腸や直腸の働きの低下が原因で起きるBPだ。
機能性BPは、さらに「弛緩性BP」「痙攣性BP」「直腸性BP」の3パターンに分類されていく。
ざっくりと言うと、BENの渋滞が起きている状態だ。

滞ってます!



弛緩性BP痙攣性BPは大腸の運動が鈍ってBENが出口まで運ばれず、渋滞を起こして大腸のあたりで詰まってしまっている状態。これが一般的なBPのイメージだろう。

一方、直腸性BPは出口付近まで来ているのに肛門のセンサーが働かないせいで本来開くべきゲート(肛門)が開かず、BENを排出できない状態のことをいう。
排BENしたあと拭いても拭いてもシミが落ちないマクベスな人がいるが、そういう人は直腸性BPの可能性が高い。
あれは時間が無い時とか本当にイライラする。水浸しにしたティッシュをあしたのジョーみたいに思い切りねじ込んで打つべし打つべししてやろうかと思うのだが、それをやると多分「痔」になる。

そう、BPは他の体調不良の原因になったりもする。痔は代表的な例だ。

「BENPIになる」→「BENが固くなる」→「排BEN時肛門が傷つく」→「痔になる」→「痛いので排BENを我慢しちゃう」→「さらにBEMPIになる!」

パチンコとかケミカルな白い粉とかにハマってる人みたいな負の循環が起きてしまうのがBPだ。
ひどくなると、もう自分ではどうしようもないというレベルになってしまう。そうなると浣腸をしなくちゃいけないのだが、あれはあれで苦しい。

BENPI薬という手もあるが、あれも合う合わないがある。
こないだ、CMでも流れてる有名なやつを飲んでみたのだが、僕はダメだった。
飲んだ翌日、異様な痛みを感じて目を覚ました。引きちぎれるようにお腹が痛い。
確かにBENは出るには出たのだが爽快感は全くなく、むしろなんか別の病気ではないかと疑ったほどである。

ひょっとしていい年した男性用ではないのかもと思ってインターネットで調べたが、女子高生でも同じ状態になった人もいるようなので、性別や年齢を問わず、体質や腸の状態によるのだろう
出来れば二度と飲みたくない。やはりBPにならない方がいい。


BENのPは腸機能の低下によるもので、BENが上手く排出できない状態だ。これは体質にも左右されるので、どうしてもBENPIがちな人はいるのだが、一般的に原因とされるのは、
「運動不足」「ストレス」「BENを我慢しすぎてしまう」「水分不足」
である。
ストレスや運動不足が慢性化し、周りの目も気になってしまう現代日本はまさにBENPI大国。学校でもトイレに行くべきだしお仕事中でも部活中でもバシバシ水を飲んでブリバリ出すべきなのだ。

BENPIに効く食べ物を食べよう!

あとは日々の食生活も大事だ。
お通じを良くする食材としては

海藻類(わかめ、ひじき、こんぶなど)
イモ類(さつまいも じゃがいも さといもなど)
キノコ類(しいたけ しめじ ボルチーニなど)
オリゴ糖が含まれているもの(たまねぎ サトウキビ ごぼう 大豆 じゃがいもなど)
発酵食品(みそ しょうゆ かつおぶし 納豆など)
抗酸化作用があるもの(緑黄色野菜 玄米など)
クエン酸などの有機酸を含むもの(パイナップル いちご りんご ヨーグルトなど)
ビフィズス菌を増やすもの(ヨーグルト、バナナ、ごぼうなど)



いかにも健康に良さそうなラインナップである。そしてお気づきになっただろう。ヨーグルトはめちゃくちゃBPに効く。だから僕はBENが渋滞を起こし始めたらヨーグルトを食べている。野菜も多めに食べるようにしている。

ちなみに。世の中には「健康的な食品なんて大嫌いだ!ジャンクフード万歳!」な人がいるが、じゃあそういう人はBPまっしぐらかといえばそうではない。なんと、脂質もBPに効くのだ。
脂質を多く含む食品もBPによく聞く。肉はBPに良くないとよく言われるが、「脂質の多い肉」ならむしろBPを防いでくれるのだ。すばらしい。サーロインステーキの脂身をどしどし食べよう。

そういえばイモ類、オリゴ糖の欄で二回も出てきた食材にジャガイモがある。
ジャガイモを脂質たっぷりの油で揚げたフライドポテトはもしかして完璧なBP予防策なのでは……?

快便YEAR!


サーロインステーキにフライドポテト大盛で、デザートにはバニラアイスも食べちゃおう!美味しくてBP予防にもなるなんて最高かよ。全人類快便待ったなし!

まあ、BENPIでもないのにお腹が膨らんじゃうんだけどね(笑)




BENPIも嫌だがHIMANも嫌だって人にはおすすめできない。やっぱり健康にいい食品を適量食べていくスタイルがいいだろう。そんなわけで、健康にもよくてBPにも有効、カロリーも控えめなヨーグルトがおススメである。

+6
作者
この記事を書いた人は??
FT

こんにちは!
アニメや映画、プロ野球を見たり、本を読むのが好きです。
浅く広くいろんな作品に触れていくタイプなので、それを活かして記事を書いていこうと思います。よろしくお願いします!

FTをフォローする
その他コラム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました