垢抜け眉毛の描き方

私がメイクするときに意識していることを5つに分けてコツを紹介していきたいと思います。

【垢抜け眉になるための5つのコツ】
①眉頭より眉尻が下がらないように意識
②髪と眉の色味を揃える
③眉の量と長さを整える
④ペンシルorパウダーのみで眉を描かない
⑤眉頭の高さを整える

【眉頭より眉尻が下がらないように意識
眉頭よりも眉尻が下がっているとかなりの困り眉に見えたり頼りない、なよなよした印象になりやすいので、なるべく眉頭と同じor少し高めの位置にするのがポイントです。

【髪と眉の色味を揃える】
意外と見落としがちな部分ですが、色味があっていないだけでかなり違和感が出てしまいます。
髪がピンク系のブラウンであれば同じくピンク系のブラウンを使うのが良いです。
黒髪の方は、アッシュグレー系を使うと重たく見えないので良いです。
トーンもですが色味も合わせるのがポイントです。

【眉の量と長さを整える】
ここも見落としがちな部分です。
普段から眉マスカラがベタっとついたり、眉を整えているのにやたらと濃くなる方は眉毛自体の長さや濃さが原因の可能性があります。
カミソリ眉用ハサミで眉を整えることをお勧めします。

【ペンシルorパウダーのみで眉を描かない】
綺麗な女優さんや雑誌のモデルさんのような眉尻がシュッと細い眉にしたい場合はパウダーのみでは難しいと思います。眉尻はペンシルを使いましょう。
眉の濃さは眉頭から眉山までが比較的薄めで眉尻が1番濃くなるのが理想的な眉なので濃さを調節するためにもペンシルパウダー眉マスカラの3つのアイテムを使うことをお勧めします。

【眉頭の位置を揃える】
いつも眉に左右差が出てしまう方は眉頭の高さを揃えることを意識してみましょう。
眉頭は顔の正面にある部分なのでさがあるととても目立ちます。

これで5つのコツ紹介は以上になります。
眉に悩んでいる方はこれを読んで参考にしてみてください。


+1
タイトルとURLをコピーしました