化粧品の役割

【化粧下地】
●ファンデーションののりをよくしてくれる。
●自分に足りないものによって下地を変えて肌のむらを均一にする。
(血色感、透明感、赤みを抑えたいなど)

【ファンデーション】
●肌色を綺麗に見せる。
●肌の欠点(シミ、くすみ、ニキビ跡、赤ら顔、毛穴など)を綺麗に見せる。
●外からの刺激から肌を守る。
●紫外線防止。

【アイブロウパウダー】
●ふんわりと自然にボリュームを出せる。
●のっぺり顔を回避できる。

【アイブロウマスカラ】
●眉の毛流れを整えることができる。
●黒い毛1本1本に色が付くので垢抜けられる。

【ハイライト】
●高く見せたい場所に塗るだけでシュッと高く見せることができる。
●顔に立体感が生まれる。

【シャドウ】
●顔に立体感が生まれる。
●錯覚が生まれて自分のなりたい顔に近くなる。

【アイシャドウ】
●塗る色によっては目を大きく見せることができる。
●色をのせることで顔をパッと明るく見せることができる。

【マスカラ下地】
●まつげを上げて固定して落ちてこないようにする。
●綺麗にセパレートさせることができる。

【マスカラ】
●マスカラに入っている繊維が自まつ毛にくっつき、長く見せることができる。
※カラーマスカラの場合、簡単に垢抜けることができ、顔が華やかに見える。

【アイライナー】
●簡単に目を大きく見せることができる。
●まつげとまつげの間を埋めると、まつげの量が多く見える。
※カラーアイライナーの場合、カラーマスカラと色を合わせると統一感が生まれます。

【涙袋ライナー】
●涙袋の影を描くことで目を大きく見せることができる。
●ぷっくりしてマスク映えする。

【リップ】
●血色感のある唇に見せてくれる。
※アイシャドウと似た色にすると顔に統一感が生まれます。



0
タイトルとURLをコピーしました