㉟お題ゾンビを救え!

「やったぞーっ!これで俺の天下だーっ!」
物語の世界では、過酷な現実世界へ飛ばされたはずのお題ゾンビが飛び上がって喜んでいた。
「俺をコピーだと思って罪を擦り付けたりしたからこういう目に遭うんだよ!」
どうやらこれは本物ではなく、物語の世界に残ったいつかのコピーのようである。
「それじゃあ名実ともに、この俺が主役の座を引き継がせて頂きます!」
「さんせーい!」
話はまとまったように見えるが、
「うーん……そりゃどうかねぇ……」
実際に賛同しているのはコピーの作ったキャラである何でも売るマンのみで、他のキャラ達は納得のいかない様子だった。
「じゃあ誰が主役やるんだ?元々はお題ゾンビの物語だったんだから、そのコピーである俺しかいないと思うんだけど」
「いや、主役が誰とかいう話じゃなくて……」
「じゃあどういう話なんだ?」
「お題ゾンビを現実世界の魔の手から助け出そうって話」
「えーっ!?いいよあんなヤツ!」
「お前はそうかもしれないけど、俺達にとってはあれでも一応、生みの親だしなぁ」
「生みの親なんて関係ないだろ。俺は生みの親であるネタなしマンに一度は殺されたんだしな」
「お前がそうでもこっちは違うの!とにかく今は本体を助ける方法を考えてるんだからコピーも一緒に考えてくれよ」
「うーん、考えた。実に考えた。いや~考えた。でも何も浮かばないなぁ、ははは」
「こら、真面目にやれ!」
「もういいよこんなのほっといて。何かいい案はないか、電撃!何でも買うマン?」
「うーん、やっぱり現実世界の住民を大金で買収するしかないんじゃないか?」
「でも現実世界に出たら、こっちの金は偽札になっちまうじゃないか」
「あ、そういやそうだったか……」
「それならいっそ、俺たちが現実世界へ出て悪い奴らを全員やっつけちまえばいいんじゃないか?」
「出られたらとっくにそうしてるよ。俺らはフィクションのキャラクターだから、現実へは出られないんだ。お題ゾンビが出られたのはあっちの住民だからだろ」
「そうか……」
「出られないけど、出してこないといけないから困ってんだよな」
「ほんとに出してこないといけないの?元々あいつの住んでた世界なのにさ」
「出してこないと、荒んだ心を持つ現実世界の人間の餌食になっちまうだろ。安全なこっちの世界に連れ戻してやらないと」
「こっちもそう安全ではないと思うが……過激な展開多いし」
「それでも死んだって生き返れる世界なんだ。死んだら終わりな現実とは大違いだろ」
「まぁなぁ。でも現実との壁を壊すなんて無理だろ」
「現実と物語の境界線がなくなったら現実が物語だか物語が現実だか分からなくなっちまうもんなぁ」
「そういうことが分からなくなったって、壊せばいいもんは壊せばいいよ」
そう言って勇者おダイが出してきたのは勇者武器セットである。
「ん?何だこの剣と銃とノコギリと大砲は」
「勇者武器セット。これで現実世界との壁を壊し、お題ゾンビ父さんを救い出したら速攻でガムテープで壊した壁を補強する」
「そんなに上手くいくかなぁ」
「まぁ、やるだけやってみようか」
一同は勇者武器セットを手に取ると、
「せーの!」
現実世界との壁に向けてそれぞれ武器を使用したが、
グワーン!
どんな武器をもってしても現実世界との壁は砕けなかった。
「やっぱりダメか~」
「壊せないし出れないし……もうやりようがないよなぁ」
「いさぎよく諦めるか!」
「いやいや、まだ早いだろ!」
「こうなったら……」
「どうした、電撃!何でも買うマン?」
「やっぱり全てを制するのは、金だ金だ金だあああっ!」
「また金の話かよ。現実世界じゃこっちの金は使えないって言ったろ」
「分かってる。だから現実世界へ行くために……現実世界との壁を大金で買収して俺たちをそっちへ出してもらうんだ!」
「なーるほど!」
かくして話はまとまり、電撃!何でも買うマンは1000億円をポンと出して現実世界との壁に叩きつけた。
「この金で俺たちを現実世界へ出してもらおうか!」
いばったが、
壁は何も答えない。
「この金で俺たちを現実世界へ出してくれ」
頼んだが、
壁は何も答えない。
「この金で俺たちを現実世界へ出して下さい」
お願いしたが、
壁は何も答えない。
「この金で……うっ、うっ、俺たちを……うう……現実世界へ出してー!うわああああーん!」
泣き落としたが、
それでも壁は答えなかった。
「やっぱり壁なんかに何を言っても無駄なんじゃあ……」
野菜少年が呟くと、
「何と無礼な!控えおろう!このお方をどなた様と心得るか!」
突然、電撃!何でも買うマンは現実世界との壁をあがめ始めた。
「このお方こそ、あの現実世界とこちらの世界を繋ぐ偉大なるお壁様なるぞ!」
「偉大なるお壁様~!?」
「そうよ。このお壁様がおられるからしてこそ、現実世界とこの世界との境界線が保たれたもうてたまつりたてとて……ははーっ」
「ははーっ?」
一同は電撃!何でも買うマンに釣られて訳も分からず現実世界との壁を敬ったが、
電撃!何でも買うマンは一同を振り返ってニッと笑った。
分かりにくいが、それは電撃!何でも買うマンの俺に合わせろというサインである。
現実世界との壁をおだてて外の世界へ出してもらうのが電撃!何でも買うマンの作戦のようだった。
「いやぁ、実にその通り。お壁様は凄い。お壁様は偉い。お壁様は神に等しーい!」
一同はその作戦に乗り、現実世界との壁を称え始めた。
「お壁様イケメン!」
「お壁様おかべ持ち……じゃなくてお金持ち!」
「お壁様と結婚したーい!」
「お壁様は最高です!」
「お壁様ファンクラブ神社作りたい!」
「いやー、お壁様。とにもかくにもお壁様。何はなくともお壁様!」
当初はダンマリだった現実世界との壁も称えられるうちに気を良くし、
「あ、そう?俺ってそんな人気者なの?それじゃあ現実世界とを繋ぐ壁の1つや2つ、開けちゃおうかなぁ」
とうとうその扉を開いたではないか!
「ははーっ、ありがたきお壁様!みんな、飛び込め!突撃じゃーっ!」
「おおーっ!」
一同は一斉に現実世界へ飛び込んでいったが、
「いってらっしゃーい。がんばってね……」
お題ゾンビのコピーだけはそれを見送るばかりだった。
「あれ、お前は行かないの?」
「あんなヤツ助けるなんて面倒くさいし……戻ってきたらまた主役取られるし……」
「そんなこと言ってるようじゃあお前は一生正式な主役になれないな。こんな時にカッコつけて『俺はいつだってお前から正主役の座を奪える。今はただその座を預けているだけだ。取り戻したくなった時にいつでも取り戻せるように、お前を死なせる訳にゃいかねぇぜ!』とか言えるくらいでなくちゃ」
「そ、そうか。よし、それなら俺も助けてそういうセリフを言おう。『俺はいつだってお前から』……あっ、おーい!俺も行くんだから置いてくなーっ!」
こうして一同は慌ただしく禁断の現実世界へと飛び出したのであった。

その現実世界では、お題ゾンビ-男が例の青年によってあと一歩という所まで追い詰められていた。
「は、話せば分かる……んだけど……」
「……( 一一)”(-“”-)”」
「キミ、話さないもんね……分かってますよ……」
青年は薄笑いを浮かべながら男へ刃物を投げつけ、
「ひゃっ!」
すんでの所でそれをかわしたはいいが、
静かに向けられた銃口には抗いようがなかった。
「もはやここまでか……違反乗車が死因とは何と虚しい人生だろうか」
男が覚悟を決めて目をつぶった時、
「そうはさせるかーっ!」
男の、お題ゾンビの手で生まれたキャラ達が全員集合して青年の手から拳銃を叩き落とした。
「( ゚Д゚)」
「大丈夫か、お題ゾンビ!」
「あっ、みんな!現実世界へは出てこれないはずなのに、なぜ……」
「へへぇ、現実世界との壁をお世辞で上手いことおだててこっちへ出させたのよ!」
「作者が死んじゃあ、文字通り話にならないからな!」
「よーしみんな、このおかしな青年をやっつけるぞーっ!」
「<`ヘ´><`~´>」
青年は逆上してキャラ達に立ち向かったが、
「ハロウィン呪い攻め!」
「勇者の一撃!」
「買うマンサンダー!」
現実では不可能なフィクションならではの特殊技を次々と浴び、
「(+o+)((+_+))~!」
ボロボロになって拳銃を放り投げ逃げだしていった。
「やったぞーっ!」
「フィクションに勝る現実はなーし!」
「みんなありがとう。本当にありがとう……」
男は涙ながらに喜んだ。
「自作したキャラに助けられるなんて、作家モドキとして何と感動的な事か……」
「いや、あのその、な。俺はいつだってお前から主役の座を……」
お題ゾンビのコピーは教わったキメ台詞をここぞとばかりに使おうとしたが、
「ん?お前はネタなしマンの作った存在で、俺の作ったキャラではないよな」
本体にズバリと言われてしまった。
「そ、そんなぁ!」
「でもまぁ、生みの親が誰であろうとお前も助けに来てくれたのは嬉しかったよ」
「そうかいそうかい。まー俺は心が広いから、な。ははは……」
そう言われると、悪い気はしないコピーである。
「……この世界は、もう俺の知っている世界ではなくなってしまった。俺はもうこの世界を愛せない。この世界ももう、俺を愛してはくれない」
厳しい現実だった。
「お題ゾンビ……」
「こんな厳しい現実で生きていくのはまっぴらだ。俺はもう、一生物語の世界から出ないぞ」
「一生?それはさすがにまずいんじゃあ……結局は引きこもりって事だろ。良くないんじゃな……」
シークレットレアカードが案じたが、
「いや、その方が安全なのかも……ほら、あれ」
野菜少年が指したところには、
「ひひひひ……」
「ワワワワ……」
それぞれ電動ノコギリとレーザー銃を持った虚ろな目の男女が静かに迫ってきているではないか。
「今の現実世界の住民はこんなのばっかりみたい……」
「ひひひひひひ……」
「わーっ、逃げろおおおーっ!」
一同は男を連れて慌てて物語の世界へ戻ったが、
「逃げる前にやっつけておこう。勇者の一撃!」
おダイは勇者としての血を抑えきれず、どさくさに紛れて虚ろな目の男女を成敗した。
「ワーッ!」

物語の世界に戻って来た男は自然とお題ゾンビの姿に戻ると、
「顔は醜くなろうとも、やっぱり安全第一!物語の世界は平和でいいなぁ。現実なんかにいたんじゃあ、1時間と生きていけんよ」
「そうそう!やっぱり現実逃避に限るよなぁ。俺が何でも買うマンになれたのだって現実逃避がもたらした力だし。でも結局、俺のいるこの世界は現実じゃないって事は俺は何逃避したことになるんだ?まぁどうでもいいかぁ!」
電撃!何でも買うマンは同意したが、
「……」
他のキャラ達は複雑な心境である。
何となく、今のままではいけないような気がしたのだ。
しかし、それなら何が正解なのかと誰も答えを示すことができず、今はこの道しかないのだと思うばかりだった。

0
作者
この記事を書いた人は??
働 久藏【はたら くぞう】

読書と特撮鑑賞と物語制作が好きです。

自分で言うのも何ですが根は真面目なはずなのに、推し作家の影響で話を書くと必ずシュールコメディものになってしまう……(笑)

頑張って働 久藏(はたらくぞう)!

働 久藏【はたら くぞう】をフォローする
その他
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました