Project_Kとは – 後編

 お待たせしました、後編のお餅。です。
 前回に引き続きProject_Kの作品紹介3本立てです。

 最初はProject No.4、『深い空の向こうに』(通称『そらむこ』)。
 (キャッチフレーズ:「その暗い夜空のずっと先は深海へと繋がっているらしい、それを人は”深空(しんくう)”という」)
 主人公は八星 賢(やつぼし けん)。今ではおとぎ話として語られている存在である暗い夜空の向こうに繋がる深海、『深空』へ行くことを夢見ている高校生。10月の中間試験を終えて足早に帰宅し、いつものように自室の窓から夜空を観察していた八星は月の方から流れ星に似た何かが降ってくるのを目撃する。それを眺めているとどうやら近所の公園へと落ちたようで、追いかけてその公園へと足を運ぶ。するとそこには謎の人物が倒れていた。その人物は自身の事をルナと名乗り、八星の事をステラと呼ぶも勿論八星にはルナなる人物の事は全く知らない。そのルナはアエクアという街から来たという。果たしてルナとは何者なのか、そしてそのルナが住んでいた深空にあるアエクアの街とは一体どういう場所なのか……。

 お次はProject No.5、『ロストプロミス』(通称『ロスプロ』)。
 (キャッチフレーズ:――幼馴染は、約束の為に約束を守る――)
 主人公は氷鉋 珠生(ひがな しゅう)。ある日の夕方に自分の部屋で目覚めた氷鉋は、すぐ隣で椅子に座って眠っていた謎の人物にうろたえる。その人物は鋸本 宗哉(おがもと そうや)と名乗り、どうやら自分の事をよく知っている友人であり更にはクラスメイトだという。二人はどうやら幼稚園ほどの頃からの知り合いで、今では氷鉋に誘われて鋸本も同じ部活に入っている仲だという。それに加え氷鉋自身の母親や同じ部活のメンバー、とにかく氷鉋以外の全員が鋸本の事を知っている。どうやら自分だけが鋸本に関する記憶を失っているようだった。その氷鉋が記憶を失った原因とは一体、また鋸本は果たして本当に氷鉋の友人なのか……。

 現段階では最新ナンバーの作品。Project No.6、『うぇざーすぷらっしゅ!』(通称『うぇざすぷ!』)。
 (キャッチフレーズ:天気なんて、自由に変えちゃえ!)
 主人公は五月 晴彦(ごがつ はるひこ)。この世界では一定の割合で天気の能力を生まれつき持っている、通称『天候者(ウェザラー)』という者が存在している。その種類は6つと多岐に渡り、晴(せい)、雲(うん)、雨(う)、雪(せつ)、雷(らい)、風(ふう)に分類される。しかし天候者は6種類に分けられるわけではなく複数の能力を持っている複合天候者(マルチウェザラー)や通常よりも強力な能力を持っている強天候者(モアウェザラー)も存在するため、可能性としてはそれよりも更に多い区分けができることになる。そんな晴彦と雨彦、その友達である他の天候者たちで学校内で起きる様々なトラブルにそれぞれの能力で立ち向かい解決していくドタバタ現代ファンタジー。晴彦たち天候者は学校内のトラブルを全て解決できるのだろうか、そしてその天候者の能力のルーツとは一体……。

 さて、これで先ほど書いた通り最新ナンバーの作品まで紹介したのですがどれも同時進行で書いていて未完結な上に、実はまだ未公開(というよりは未執筆?)のプロジェクトも存在しています。そしてこれら6作品(+α)を頑なに一つのプロジェクトとして公開しているのには理由がありまして、これらの全ての作品は一つの世界観の元に、そして一つの学校内で起きている物語なのです。簡単に言えばそれぞれの主人公である狐塚、秋月、黒巣、八星、氷鉋、五月の6人とその友達ら登場人物は全員同じ学校に通っているということです。小説の案が出ているも未使用の名前も多数あり、それらも合わせた合計はざっと100人を超えています。
 はてさてこれからのProject_Kの展開はどうなっていくのか、大雑把な流れは既に決まっているのでそれらを文字に書き起こすだけです。今後の展開やNo.7以降にもご期待ください。
 といった具合で今回の記事はこの辺りで終わりとさせていただきます。次回こそは久しぶりに、ちゃんと小説を書きたいと思います。またお会いしましょう、お餅。でした。

0
作者
この記事を書いた人は??
お餅。

イラスト、小説、ゲーム、動画編集、歌、プログラミング。
ケモノ、ドラゴン。
色々なものが好きな『お餅。』といいます、句点までが名前です。
自分の中にあるぼんやりとした自分だけの世界観をアウトプットしていくだけの餅のような狐です、どうぞよろしくお願いします。

お餅。をフォローする
その他イラスト小説
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました