ガンダムエボリューションのクローズドβテストに参加した感想

出典:https://gundamevolution.jp/information/detail?id=1228
©BANDAI NAMCO Online         
©創通・サンライズ©創通・サンライズ・MBS         

こんにちは。今回は、ガンダムエボリューションのクローズドβテストに参加した

感想について書きたいと思います。

対応プラットフォームはPCのみ(現時点では)。基本プレイ無料で、正式リリースは2022年内を予定。

 

『機動戦士ガンダム』を皮切りに無数の作品が生まれ、いまや日本を代表するコンテンツの

ひとつとなっているガンダムシリーズ。

このガンダムエボリューション(以下、ガンエボ)は6:6で行うチーム制FPSです。

長年のコアなファンは勿論、最近ガンダムに触れるようになった新規のファン、若いファンに

向けた『ガンダム』シリーズへの入口として開発されたゲームです。

7月のティザートレイラー発表後、日本時間8月8日と9日に早くもクローズドβテストが実施され、

抽選で選ばれた5,000人のプレイヤーがこれに参加しました。

出典:https://gundamevolution.jp          
©BANDAI NAMCO Online         
©創通・サンライズ©創通・サンライズ・MBS 

戦いの中心となるのはガンファイトで、近接攻撃が得意な機体は一部に限られています。

一つのマップには広い場所や狭い場所がそれぞれ用意されており、

遠距離・中距離・近距離あらゆる射程で撃ち合いが発生します。

全距離で戦えるエイム力を手に入れるためには、他のFPSタイトルと同様、

繰り返しの練習が欠かせないゲームになりそうです。

しかし、それでもガンエボは、FPS初心者でも問題無くプレイできるゲームであり、

むしろFPS初挑戦タイトルとしてオススメという印象を受けました。

その理由は、武器のダメージ量です。昨今のFPSタイトルの中には、平均的な武器のダメージが

高いことからTTK(タイム・トゥ・キル敵を倒すまでにかかる時間)

非常に短くなっているものが数多くあり、

「敵と交戦して一秒足らずでどちらかが倒れてしまう」というのも珍しくありません。

中にはヘッドショット一発で確定キルになるゲームもある程です。

その点、ガンエボでは、登場する各武器のTTKはかなり長めという印象を受けました。

一部、非常に威力の高い武器もありましたが、多くは弾速、発射速度ともに遅め

ダメージも少なめであるため、「敵と遭遇したときに先に撃ち始めなければ勝てない」といった

状況や、「敵の位置を予想しながら丁寧にクリアリングし、決め撃ちも多用しなければ勝てない」

といったハードなデザインは、なされていないようです。

むしろ、目標エリアをめぐって互いに優位性の確保を目指しつつ

ダメージレースの駆け引きをする楽しさを重視しているようでした。

また、TTKが長いことから、ハイドや裏取り、といった選択肢も

あまり強力ではありませんでした。

各モードの勝敗は、敵を倒した数ではなく、目標エリアを確保した時間で決まるため、

瞬間的に相手の数を減らす手先のスキルよりも、より戦いやすいポジションを

素早く見つけて立ち回る方が重要であると思います。

 

ガンエボでは、いくつかの改善してほしい点も気付きましたが、まだまだクローズドβ。

2022年の正式リリースに向けて、撃ち合いの楽しさやチーム全体での

ゲームプレイが要求される点で、期待が高まるタイトルでした。

GUNDAM EVOLUTION | ティザートレイラー
+1
作者
この記事を書いた人は??
Nick Pandarl

どうも、こんにちは。 ゲームとプラモデルが好きです! 文章を書くことが苦手で、 うまく記事で伝えられないかも知れませんが、 よろしくおねがいします!

Nick Pandarlをフォローする
ゲーム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました