飛行機によって耳が痛くなったり痛くならなかったりすること

飛行機に乗る時に耳が痛くなったり痛くならなかったりする

どうしてかは 気圧の変化。

通常1気圧のなかで人々は生活をしている。

飛行機が飛ぶところは高度一万メートルで気圧も0.2という人が住めない場所を飛行しています

そこで飛行機の気圧が0.8に保たれています。

0.8っていうのは飛行機が重くなりすぎす軽くなりすぎずの妥協点です。

気圧を0.8以下にしたら軽くしたら耳が痛くなりすぎる分燃費が良くなって0.8以上にすると今度

1以上にすると耳が楽な分飛行機にかかる圧力がかかって燃費も悪くなるし

圧力に耐えられるように人員や荷物も少なくしなきゃいけなくなります。

飛行機によって耳が痛かったり痛くなかったりするのは気圧が低い飛行機と高い飛行機があるせいです。

抑圧装置っていうので気圧を調整する数値の差らしいです。

+1
作者
この記事を書いた人は??
イノ

初めましてイノです
好きなことは任天堂スイッチです。
ピアノも弾きます。

イノをフォローする
その他
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました