つぶやき~シャレオツってなんだろう~

今日、私は代官山に行った

あのオシャレな都市の街、代官山である

そこの代官山のTSUTAYAで朝活があったのである

(みんなでお茶しながら情報共有をしたよ)

代官山のTSUTAYAを調べた時、

代官山のTSUTAYAは蔦屋なのである

もうおわかりいただけただろう

すでに知っている人もいるだろう

漢字が違うだけではなく、TSUTAYAとスタバがガッチャンコしているのである

しかも、TSUTAYAも普通のTSUTAYAと様子がまるで違っていて

シャレオツな店内のもはやシャレオツな本屋なのである

私はスマホ越しにそれを見て、

「え待って?…TSUTAYAだよね?」
と思った

オシャレなスタバのテラス席でみんなとお茶したあと、
クリエイターズに戻って社長さんと話した

そして代官山の蔦屋書店の話をしていたその時、ふと思った

シャレオツってなんだろう?

そして私の頭の中にポンッと一つのことが浮かんだ

シャレオツとは=心に余裕があること

社長さん曰く、
代官山の蔦屋書店はTSUTAYAとスタバがガッチャンコしているのだそう

本(心の余裕があること)+スタバ(心に余裕があること)

が結びついたのである

たしかに、本もお茶も洋服のオシャレも、生活必需品ではない

でもオシャレをすることで心に余裕が生まれるのである

だからこそ、都心のオシャレな人はカッコイイのである

反対に心に余裕があるからこそオシャレをするのである

どちらから入ってもいい

お金持ちも
お金を持っているから心に余裕があるのではなく
心に余裕があるからこそ、お金が入ってくるのだそう

お金も
スタバで飲み物が500円だからって高い高いとみんな言うが、
500円だって払えない金額じゃない

野菜だって、100円上がって300円になったからって高い高いとみんな言うけど
払えない値段じゃない
300円はたったの300円なのである

そうやって目の前にある金額だけ見つめていけば
どこより高いとか思わなくなるし

お金のバリアがなくなって
世界がどこへだって広くなれる

+1
作者
この記事を書いた人は??
❀沙彩❀

絵を描くこと 動物 小説を書くこと 和太鼓 三味線 琴 獅子舞 水泳 けん玉 子供とふれあうこと 大好き❀沙彩❀です
いつもワクワクするブログや深い内容のブログを書いています
いつもたくさんの人たちに読んでもらえて嬉しいです(*^^*)

❀沙彩❀をフォローする
コラム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました