アイコンの狐の話

今更ですがはじめまして、”お餅。”と言います。今回は初めての自分語りな記事になります。
今回話すのは私のこのアイコンのキャラクターは何なのかという話です。

そうそうこれです、この狐です。これは自分で描いたオリジナルキャラクターのイラストです。
そしてこれが一体何のキャラなのかという話ですが、その前に皆さんはボーカロイドというものをご存じでしょうか?
ボーカロイドというのはいわゆる合成音声ソフトの一種で、キャラクターに歌を歌わせられるソフトの一種です。それは有料の買い切りソフトなのですが、類似した無料のソフトに”UTAU(うたう)”という物があります。
そのUTAUでは大きな特徴として、あらかじめ用意された歌声以外に自分の声を録音して利用し加工、歌わせることができます。
そしてそれを利用して私が作ったUTAU音源(録音した声の素材データ等のこと)、ボーカロイドで言うところの初音ミクや鏡音レンなどに当たるキャラクターがこのアイコンの『東狐ユウ(とうこゆう)』なのです。

しかし最初からこの名前のキャラクターだったわけではなく、最初は少し違う名前でした。
まずは元々私自身が使っていたハンドルネーム(ネット上に於いてのユーザー名)に『霧生悠斗(きりゅうゆうと)』というものがありました。
その当時知り合いにUTAU音源を作ってもらったことがあり、そこで付けた名前が『霧音ユウ(きりねゆう)』でした。ですがそのUTAU音源データを貰う前、キャラクターデザインすらもする前にその相手が音源データを消してしまったらしくその存在は全く消えてしまいました。
そこから年月は流れておよそ5年後、とある出来事をきっかけに自分で調べながら再びUTAU音源を作る事となりました。その時にはデザインのイメージもあり、三尾の狐ということまで決まっていたので『霧音ユウ』の名前を踏襲しつつ新しい名前にしたく実在の名字をあれこれと調べていた時に見つけた『東狐』という名字を選び、いくつかある読み方の中から『とうこ』を選びました。
実はこの東狐ユウくんは先に挙げたUTAU音源としての歌の活動だけではなくVTuber(バーチャルYouTuber)としても活動をしていて、その活動歴も2021年の5月末で7ヶ月となります。
その生配信のメインコンテンツとしては、主にPortalというFPS視点のパズルゲームの配信をほぼ週1でやっています。そのPortalについては後日別で記事をまとめるとして、他にも最近は別のゲームの配信も始めています。

といった具合で、このアイコンはYouTubeで生配信をしている三尾のお狐様なオリジナルキャラクターという話でした。
次回は恐らくもう少し私自身についての記事を書くと思います。たとえ需要が無くとも自分が持つ世界観の生産をするのが私のスタイルなので、誰がなんと言おうと書きます。
また次の自分語り記事、もしくはショートショートでお会いしましょう、お餅。でした。

+4
作者
この記事を書いた人は??
お餅。

イラスト、小説、ゲーム、動画編集、歌、プログラミング。
ケモノ、ドラゴン。
色々なものが好きな『お餅。』といいます、句点までが名前です。
自分の中にあるぼんやりとした自分だけの世界観をアウトプットしていくだけの餅のような狐です、どうぞよろしくお願いします。

お餅。をフォローする
その他イラストゲーム音楽
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました