【漫画+小説】ハロー!ジャン太くん #2

【前回のつづき】
#1

#1.5

꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°

ハロー!ジャン太くん #2
ジャン太くんと友達
ジャン太くん
ジャン太くん

ここがぼくのお家でもある、氷川丸だよ。

ウシオくん
ウシオくん

・・・・・・・へぇ。

ウシオくん
ウシオくん

六甲アイランド、みなとみらい21・・・。

神戸ポートタワー、横浜マリンタワー・・・。

ポートアイランド、コスモワールド・・・。

ウシオくん
ウシオくん

ほぉーん、ここが横浜かぁ。

だが、神戸の方が千年もの歴史があるしスタイリッシュな方やから

ここはまるで神戸のパクリやな。

あれやろ、横浜ってペリーはんの来航までは

村のがあるだけの小っせぇ村だったやん。

・・・あ、こんなこと言うワイは神戸の人間やないで。

あくまで横浜のご来光(ライコウ)首(コウベ)を垂れるわけには

いかんのや!

ワイの洒落、通じとるん?(。´・ω・)ん?

ジャン太くん
ジャン太くん

(な、なんなんだこの子は?!)

ウシオくん
ウシオくん

そんなことより、鎖にぎょうさん鳥がとまってるんね。

ジャン太くん
ジャン太くん

う、ウミネコのお兄さんたちだよ。

みんな僕のことを「ジャン坊」と呼んでるんだぁ。

突然ウミネコ兄さんたちが、ウシオくんのキャンディーめがけて飛んできた!

ジャン太くん
ジャン太くん

やめてよ兄さんたち!

これはウシオくんのキャンディーだから食べちゃダメ!!

ウシオくん
ウシオくん

ええで別に。

母が買ってくれたが

クソ不味いからくれてやるわ。

もってけドロボー!!

ジャン太くん
ジャン太くん

えっ?いいの?

(なんだか面白い子だな)

ウシオくん
ウシオくん

これで手ぶらになったわ。

思う存分、きみと遊べるで。

ウシオくん
ウシオくん

まずは鬼ごっこ。

ワイが鬼や。

ウシオくん
ウシオくん

ひい、ふう、みい、よ・・・

ジャン太くん
ジャン太くん

なんでそうやって数えるの?

ウシオくん
ウシオくん

こっちの方が速く言えるねん・・・ここのつ、とお!!!

ジャン太くん
ジャン太くん

わあー!にげろおー!(๑>Θ<๑)


ウシオくん
ウシオくん

・・・次はかくれんぼしない?

ジャン太くん
ジャン太くん

いいね!

でも2人だけじゃ、つまらないから

ぼくの友だちと一緒にやろうよ!

ジャン太くん
ジャン太くん

じゃあ、ここのエントランスロビーで

待っていてくれる?

ウシオくん
ウシオくん

おっ、待ってるで。


ジャン太くん
ジャン太くん

ウシオくん!

友だちを連れてきたよ!

ジャン太くん
ジャン太くん

あれ?いない・・・。

ジャン太くん
ジャン太くん

ウシオくーーーん!

どこに行ったのぉーーー?

ウシオくーーーーーん!

ジャン太ママ
ジャン太ママ

どうしたのジャン太?

ジャン太くん
ジャン太くん

ママ!ウシオくん見なかった?

背はぼくと同じくらいで、緑の長袖と青の長ズボンを着た

男の子なんだけど・・・。

ジャン太ママ
ジャン太ママ

そうねぇ、見なかったわよ。

女の子A
女の子A

ジャン太くん

さっきからウシオくんって呼んでるけど

誰なの?

ジャン太くん
ジャン太くん

僕たちの中にいたでしょ?

ほら、関西弁で喋る、おっきなキャンディーをなめてた男の子だよ!

男の子B
男の子B

ボク知らない。

男の子C
男の子C

オレも。

もしかしてジャン太、オバケと遊んでたんじゃないのぉー?

ジャン太くん
ジャン太くん

あ、足があったからオバケじゃないよぉ!

・・・・・え、どういうことなの。


その日の夜―――――

ジャン太くん
ジャン太くん

ウシオくん、なんで僕に黙ってどこかに行っちゃったのかな・・・。

うーん、ムミャムミャ・・・・・。

ウシオくん
ウシオくん

くぁwせdrftgyふじこlp

ジャン太くん
ジャン太くん

わあ!びっくりしたぁ!

もぉ~どこにいってたのウシオくん!

ウシオくん
ウシオくん

すまんな、勝手にどこか行ってな。

ワイ、せっかちな性分やねん。

そうや、ジャン太に伝えたいことがあるんや。

ウシオくん
ウシオくん

ワイと一緒に遊んでくれて、おおきに。

どうかワイのことは、心の中にそっとしまっといてな。

約束やで。

ほな、ばいなら~。

ジャン太くん
ジャン太くん

み、短い間だったけど、ありがとうね~!!

バイバーイ!!


ジャン太くん
ジャン太くん

ムミャムミャ・・・あれ、夢・・・?

ん?

ジャン太くんが描いたウシオくん
ジャン太くん
ジャン太くん

・・・君のことは忘れないよ。

ウシオくん。

イマジナリーフレンド: Imaginary friend)とは、心理学精神医学における現象名の1つである。
(中略)
通常児童期にみられる空想上の仲間をいう。イマジナリーフレンドは実際にいるような実在感をもって一緒に遊ばれ、子供の心を支える仲間として機能する。イマジナリーフレンドはほぼ打ち明けられず、やがて消失する。
主に長子や一人っ子といった子供に見られる現象であり、5〜6歳あるいは10歳頃に出現し、児童期の間に消失する。子供の発達過程における正常な現象である。

Wikipedia

+2
作者
この記事を書いた人は??
Yukino

横浜市出身のクリエイター。 イラスト&漫画、写真、生き物、読書、ヨガ、筋トレ etc… が大好き。 コミュニケーション・時間管理・段取りが課題ですが、アドバイス等によって改善に努めるので、よろしくお願いします。
就活して内定とりたい。

Yukinoをフォローする
イラスト小説
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました