読書紹介「よくわかるアサーション 自分の気持ちの伝え方」

こんにちは、ネコ助です。

今回は「よくわかるアサーション 自分の気持ちの伝え方」という書籍を読みましたので、私なりに内容をまとめてみました。

アサーションについて知るきっかけとなっていただければ幸いです。ぜひご覧ください!!

アサーションとは

「アサーション」という言葉を聞いたことはありますか??

アサーションとは「自他尊重の自己表現」ひいては「自分も相手も大切にする自己表現」とも呼ばれています。自分の意見を大切にして率直に、正直に伝えると同時に、相手の気持ちも大切にして耳を傾けるやりとりです。ビジネス等で用いられる実用的なコミュニケーション技法というイメージを持たれることも多いようですが、実際は少し異なり、単なる「自己主張」や「言い方」ではなく、相手とどのようにコミュニケーションするかについて掘り下げて考えることが含まれています。

私たちは日ごろ、自分の気持ちや意見がうまく言えなくて残念な思いをしたり、言いすぎて気まずい思いをしたりすることがあります。そのような表現をアサーションでは、「非主張的」と「攻撃的」と呼びますが、それらの表現は、いつの間にか自分のクセになっていたり、特定の人との関係でパターン化されたりして、対人関係のつまずきが繰り返される事にもなります。そのいずれでもない自己表現がアサーションです。

アサーションの語源は英語の「assertion」で主張・断定といったニュアンスになりますが、日本における「アサーション」とは少し違った意味合いになっています。アサーションの考え方と方法は、1950年代半ばに北米において生まれたものです。もともとは、人間関係が苦手な人、引っ込み思案でコミュニケーションが下手な人を対象としたカウンセリングの方法・訓練法として開発されました。その後アメリカにおいて、人種差別や男女差別を受けてきた人々、特別な配慮やケアが必要な人々の人権を守るために、教育、福祉、産業などの分野へ広がっていきました。

アサーションが目指す「自分も相手も大切にする自己表現」とは誰もが願っているよりよい人間関係の在り方を表します。歩み寄りの精神があり、多少時間がかかっても、お互いの事を大切にし合ったという気持ちが残る爽やかなコミュニケーションを目指します。

自己表現の三つのタイプ

アサーションでは自己表現のタイプを3つに分けて考えます。「攻撃的」「非主張的」そして「アサーティブ」の3つのタイプです。

「攻撃的(アグレッシブ)なタイプ」は自分の意見や気持ちを表現するのですが、相手への配慮を欠いている状態です。自分の意見をはっきり口にできるので一時的には満足を得られますが、この状態が続くと、周囲の人達との関係が悪化して、結局は不快な気持ちに襲われることになります。

攻撃的な言動をしている人は一見、表情豊かに自信満々でものを言っているように見えますが、その場の主導権を握るために「自分が一番」、「あなたはダメ」といった態度を取って、相手より優位に立とうとしたり、「勝ち負け」でものごとを決めようとしたりする態度が見え隠れしています。こうした言動をしている人は、一見、堂々として見えても、どこか防衛的です。自分の主張は通っても、その一方的ともいえる強引さのために後味の悪いことが多く、それが自分の本意でなかったことに気づいて、後悔することにもなるでしょう。

「非主張的(ノンアサーティブ)なタイプ」は自分の気持ちや意見を率直に表現できない状態です。あいまいな言い方になったり、言い訳がましくなったりする場合も含まれます。この状態が続くと、自分を十分に理解できず、心の中に不満がたまってしまいます。

非主張的な言動をしている時は、一見、相手に譲ってあげているように見えても、自信がなく、不安が強い状態なので、それを隠して卑屈な気持ちになっていることもあります。さらに非主張的な自己表現をした後には、わかってもらえなかったという思いや傷ついた気持ちが残りがちなので、みじめになります。こうした体験を繰り返すと、不快感は欲求不満や怒りとなり、心の中にたまっていきます。それが相手へのうらみとなったり、関係ない人への八つ当たりや意地悪となって表現されたりすることがあります。

「アサーティブなタイプ」は自分の気持ちや意見を率直に表現する一方で、相手の気持ちや意見にも素直に耳を傾ける態度です。相手と相互的な関係を築きつつ、適切な自己表現ができるタイプです。お互いの意見を出し合い、もしそれが食い違っても、粘り強く共有点を見つける努力をします。自分も相手も尊重するので、お互いに爽やかな気持ちを味わいます。

なお、この3つのタイプの自己表現のどれかだけで100パーセント、という人はめったにいません。状況や相手に応じて3つのうちどれかを無意識に使っているのが普通です。ただ、どの自己表現の割合が大きいかは、人によって違います。

アサーティブなコミュニケーションのために

アサーションを身につけるための具体的な方法はいくつかありますが、その中に「私メッセージ」というものがあります。最初は独り言でもよいので「私は」と主語をつけて話してみましょう。例えば、「にらまれた!」と思ったら「私はあなたににらまれたと思った」、「早くしなさい」を「私はあなたに急いでほしい」と言い換えてみます。

このように話すと、徐々に自分の気持ちや考えが明確になってきます。2つの例のように話すことで、自分の受け取り方や気持ちを相手のせいにしていることに気づいたり、相手を思いどおりに動かしたい気持ちがあって、それが自分の感情や都合の押しつけであることがわかったりするでしょう。

もう一つに「問題解決のアサーション」とも呼ばれる「DESC法」というものがあります。ステップを踏んだセリフを組み立てて、問題解決の準備をします。

「D(describe)描写する」状況を、客観的、具体的に描写します。意図や態度など、主観的な内容は含めないようにします。

(例)あなたはタバコを吸いますが、私はタバコを吸いません。そして、この場所は喫煙席に近いので、タバコの煙が流れてきますね。

「E(express)表現する」自分の感情や気持ちを伝えたり、相手の気持ちに共感します。気持ちの「私メッセージ」の表現です。

(例)私はタバコの煙でちょっと気持ちが悪くなってきましたが、あなたはむしろ一服したくなったかもしれませんね。

「S(specify)明確に提案する」自分から特定の提案をします。お互いの行動、妥協案、解決策などを具体的に提案します。

(例)あなたが喫煙席で一服してから、禁煙のお店に移動しませんか?

「C(choose)選択する」Sに対する相手の反応を2種類予測して、セリフを考えます。

(例-yesの場合)

あなたが喫煙席で一服しているあいだに、私は次のお店を考えておきます。

(例-noの場合)

では、私は今日ここで失礼します。

この方法は、会議の場や話し合いで何かを決めたり、課題を達成したりする場合に役立ちます。ほかに、言うのがむずかしいことを話すとき、何と言ったらよいか迷うとき、話が複雑できちんと整理する必要があるときなどにも有効です。ちなみにD「描写する」とE「表現する」の違いは、Dでは誰もが認めることができるか、ある程度客観的な事実を、主観を交えず描写するようにします。例えば、「あなたの作業が遅いから困っています」というセリフはDとEが混じっています。それを「あなたにお願いした作業の締め切りは昨日でした(D)。どうなっているのか心配です(E)」とすると、DとEが明確なのでわかりやすく、Sの提案も具体的になるでしょう。

DESC法は、状況を確認したうえで自分の責任で提案を行う、アサーションの基本と考えられます。DESC法を繰り返し練習することで、アサーションが身についていきますので、ぜひチャレンジしてください。

まとめ

自分の気持ちや意見を大切にしながら相手も尊重し、率直で正直に思っていることを伝えるコミュニケーション。理想的ですが実際には難しいのでは…と思うことも多かったです(+_+)言いたいことがあるのについ黙ってしまったり、逆に強く言いすぎてしまったりなどは日常の様々な場面で起こりうるのではないでしょうか。相手にかかわらず思っていることを隠さず飾らず率直に表現するのも勇気がいることだと思います。私の場合は「こんなことを言ったら変に思われないかな??」と伝えることをためらったり伝えた後に後悔したりすることがよくあります(゜o゜)伝えるだけでいっぱいいっぱいで相手のことまで考えられなかったり、伝え方もぎこちなくなってしまったりとかもあるあるです。

ただ、ここに書いてあることを実践できなくともアサーションという概念を知っているだけでもコミュニケーションの捉え方に幅が出てくる思うので、今回の記事が少しでもコミュニケーションで悩んでいる方のお役立てれば幸いです!アサーションを実践するには今”自分が”何を感じ考えているのかを把握することが重要なので、「私メッセージ」などはとても効果的なのではないかと思いました。私もなるべく意識して取り入れられるよう頑張ってみます!お互いを大切にした爽やかなコミュニケーションを目指せればいいですね!!

以上が「よくわかるアサーション 自分の気持ちの伝え方」をまとめたものとなります。本当に簡単にまとめただけなので興味のある方はぜひ本を読んでみてください!イラストや図版も豊富でとても分かりやすいアサーション入門書ですよ!٩( ‘’ω’’ )و

ということで、最後まで読んでくださりありがとうございます!!また次の記事がありましたらお会いしましょう!!それでは(-ω-)/!!

参考・・・平木典子 アサーション入門 自分も相手も大切にする自己表現

     平木典子,星井博文,サノマリナ マンガでやさしくわかるアサーション

+1
作者
この記事を書いた人は??
ネコ助

初めまして、ネコ助です。主に、散歩で歩いた場所や読んだ本などを記事にしていけたらと思っています。よろしくお願いします。

ネコ助をフォローする
コラム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました