「OCTOPATH TRAVELER」のお話

今回はTVゲーム「OCTOPATH TRAVELER」のお話をさせていただきます。

OCTOPATH TRAVELERは2018年7月13日にスクエア・エニックスより、

発売された、Nintendo Switch用のゲームソフトです。

希望小売価格は6800円+税です。

ゲームはRPGでプレイ人数は1人、CEROは「c」で15歳以上が対象になっています。

対応機種はNintendo SwitchとPC盤も発売されています。

今回はSwitch盤についてお話していきます。

 

OCTOPATH TRAVELERの公式ホームページです。

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) | SQUARE ENIX
旅立とう、きみだけの物語へ――Nintendo Switch、PCにて発売・配信中

 

OCTOPATH TRAVELERは8人主人公の中から一人を選択し、物語を進めていきます。

このゲームも無料体験版が用意されているので、そちらの話を少しします。

主人公の中から1人を選択して、旅の第一章を体験することができます。

3時間以内なら他の主人公たちを仲間に加えることができます。


体験版のセーブデータは製品版にそのまま引き継ぐことができます。

お気に入りのキャラクターを見定め自由に物語を遊べます。

 OCTOPATH TRAVELERはドット絵の進化系「HD-2D」という昔ながらの

ドット絵に3DCGの画面効果を加えた幻想的な世界で表現されています。

主人公の8人の物語の舞台となるのはオルステラ大陸という世界です。

その1人としてこの世界を自由に旅することができます。

生まれた場所も旅の目的も特技も異なる8人はどのような冒険をするかは、

プレイヤーの皆さん次第です。

 

 キャラクター固有のフィールドコマンドというものがあります。

8人の主人公は、それぞれフィールドコマンドと呼ばれる独自の能力を持っています。

ほぼすべてのNPCに対して主人公ごとに違うアクションをすることができます。

例えば、オルベリクであれば誰にでも「試合」を挑め、プリムロゼであれば

「誘惑」し連れまわすことができます。

 

 自由度の高い「アビリティ」「バトルジョブ」システム。

戦闘で使用する「アビリティ」はプレイヤーの好きな順番で覚えていくことができます。

ある条件を満たすことにより、戦闘で使用するジョブをもう一つ装備できるようになり、

どのキャラクターにどのジョブを装備させるかで、戦略は自由自在です。

 

 戦略的かつ爽快な「コマンドバトル」。

親しみやすいコマンドバトルをベースにしつつ、「コマンドブースト」や

「ブレイク」などのシステムを加え、懐かしくも新しいバトルスタイルに

なっています。

 

OCTOPUS TRAVELER  は昔ながらのドット絵と3DCGを融合させた独特の世界観があり、

幻想的な雰囲気が美しいフィールドも見どころです。

8人分のストーリーを楽しめますので、かなり長時間遊べる仕様になっています。

 

僕の場合、バトルが独特なので、戸惑うことがありましたが、

慣れたら面白くなってきました。

もしよろしければ、OCTOPUS TRAVELERの体験版を遊んでみることをお勧めします。

 

解説動画のリンクを載せておきますので、よろしければ見てくださいね。

https://www.jp.square-enix.com/octopathtraveler/movie/

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

0
作者
この記事を書いた人は??
そら

はじめまして。そらです。

バイクと猫とゲームとYouTubeが好きです。

最近はデザインやライティングの勉強もしています。

最近は料理をするようになりました。

親と同居していますが、僕が料理などの家事をすることがだんだんと増えてきました。

ガジェットにも興味があります。

洋服はあまり似合いませんが買うのは好きです。

文章力はあまりありません。

表現力はまだまだ未熟ですが、日々精進していこうと考えています。

そらをフォローする
ゲーム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました