鎌倉散策に行きまして~建長寺で紅葉狩り~

こんにちは、ネコ助です。

今回は、鎌倉を代表する禅寺「建長寺」に行ってきたので、その様子をご紹介していきたいと思います。

建長寺ってどんなお寺?

建長寺は北鎌倉にある臨済宗建長派の大本山。鎌倉五山の第一位でもあります。けんちん汁発祥の地としても知られていますね。裏山にある半僧坊からは天園ハイキングコースに繋がっています。境内は広々としており雰囲気も良く、景色を楽しめる庭園もあったりして、お散歩にはもってこいのお寺となっています٩( ‘’ω’’ )و

実は筆者、鎌倉のお寺の中でも建長寺が特に好きで何度も通っているのに、「なんかすごい禅寺」くらいの知識しかなかったため、今回記事を書くにあたって公式ウェブサイト等で由来を調べました(+_+)ただ、詳しい歴史などは他のサイトを見ていただいた方が正確ですので、この記事では私が実際に歩いた所感を中心に紹介していこうと思います!(けして歴史調べるのメンドクサイとかではないですよ!!)

それでは北鎌倉の観光スポット、見どころたっぷりな秋の建長寺をご覧ください!!

三門から仏殿・法堂を参拝

横須賀線北鎌倉駅から鎌倉街道沿いに徒歩15分程で建長寺の入り口に着きます!

駐車場を抜け総門をくぐりいざ拝観受付へ。受付の方に「仏像の写真を撮っても大丈夫ですか?」と確認した所、「大丈夫ですよ!」と快く承諾してくださいました。また建長寺では福祉手帳で拝観料が無料になります!こちらもありがたいですね!余談ですが福祉手帳の正式名称は精神障害者保健福祉手帳という非常にパンチが効いたものなので、頻繁に使う身としてはもう少し何とかならなかったのかなと思ったり(+_+)

三門に向かう道。春には桜で綺麗なようですね。

巨大な三門。見上げるととても迫力があります。門下にはベンチが置かれており一休みすることができます。仏殿とともに重要文化財に指定されてるとのこと(゜o゜)!

梵鐘。梵鐘といえば円覚寺というイメージでしたが、円覚寺、大船の常楽寺の鐘とともに鎌倉三名鐘と呼ばれているらしいです。大みそかには鳴らしたりするのでしょうか??

ビャクシン。寺社や庭園によく植えられる禅寺を代表する樹木。高さは13メートル、周りは6.5メートルもあり、樹齢に至ってはなんと760年! 境内でもひときわ目を引きます。

仏殿。本尊の地蔵菩薩坐像が安置されています。建長寺に来たら一番にお参りするところです!いざ合掌一礼٩( ‘’ω’’ )و!!

地蔵菩薩。禅寺でご本尊が地蔵菩薩というはとても珍しいらしいです。なんでも建長寺はかつて地獄谷と呼ばれた処刑場で、処刑された者の死後の救済のため地蔵堂を中心に建立されたそうです。御朱印までもらっているのに初めて知りました。信心がまったく足りてないですね(・´з`・)

法堂。仏殿と法堂って何が違うんだろう??と調べたところ法堂とは住職さんが仏様に代わって説法するためのお堂で仏殿の様に仏像を安置しない所とのことでした。なるほど(゜o゜)!

ちなみに建長寺は三門、仏殿、法堂と一直線に配置されていますが、これは中国宋時代の禅宗寺院を模したものらしいです!確かにキッカリ並んでいますね!

このあたりで一休みして飲み物を買おうと自販機へ。が、肝心の自販機が缶コーヒー以外全て売り切れという謎ラインナップ( ˘•ω•˘ )まあ、この観光地なのに微妙にやる気がないところも私が建長寺を好きな理由だったり。長谷寺とかお守りを買うとレシートを渡されますからね…。

半僧坊まで登りまして

半僧坊とは建長寺の境内から怒涛の石段を15分程上った先にある裏山のお寺です。カラス天狗の像がたくさんあることで有名ですね。過酷な立地のせいか平日ならば人もあまりおらず、ちょっとしたハイキング気分にも浸れるので個人的にお気に入りスポットです。眺望もよく登り切った時の達成感も素晴らしいので、もちろん今回もお参りに行きました!張り切って上りましょう!!٩( ”ω” )و

まずは境内から裏山へ歩いていきます。影が映っちゃってお恥ずかしい…。

途中で紅葉写真ゲット!平日昼間とあり、一眼レフ装備で紅葉狩りに興じるご年配の方がちらほらいらっしゃいました。本格的な写真も楽しそうでいいなあと思ったり( *´艸`)

半僧坊の入り口へ到着。ここから石段が続きます。

こんな感じで…

なかなかの急斜面を…

曲がりくねった階段が続きます!キツい!!

もうひと頑張り!!

ここガイドブックでは絶好の写真映えスポットになっていたのですが、筆者の腕ではイマイチ映えてくれず(・´з`・)紅葉もまだまだですしね…残念。

ちなみに去年の12月半ばに同じ場所で撮った写真。全然映えてる(゜o゜)!!鎌倉に紅葉を見に行くのならばこの季節が良いのかもしれません。

ひたすら階段をのぼること15分。半僧坊が見えてきました!

たくさんのカラス天狗の像が斜面に立ち並びます!手水舎はコロナの影響でどこの寺社も動いてないですね。お寺散策の一イベントとして好きだったのですが…。

半僧坊最大の難所(だと勝手に思ってる)急傾斜の階段。ですがこの階段…

降りる時の方が3倍くらい怖いです(*_*)

無事、半僧坊に到着しました!祀られている半僧坊大権現は天狗の姿というちょっと変わったお寺。本殿では参拝客が自由にお線香をあげられます。また建長寺とは別に半僧坊独自の御朱印があります。初めていただいた御朱印がこちらのもので思い出深かったり|ω・)

併設された相模湾見晴台より。建長寺全景が見渡せるはず…なのですが、遠くにちょこっと屋根だけ写っているのがご覧になれるでしょうか??時間帯的に西日が差してきてしまって、まぶしくて写真を撮るのが大変だった一枚(+_+)

半僧坊からさらに奥へと進むと階段があり、天園ハイキングコースというこれまた有名な鎌倉ハイキングコースに繋がっています。一度は歩いてみたいのですが、2020年10月の時点では去年の台風の影響で瑞泉寺方面へのコースは通行禁止になっているようです。

龍王殿で庭園を眺める

いつもは半僧坊まで登ったら建長寺散策は終了となるのですが、今回は久しぶりに方丈(龍王殿)の庭園に寄っていくことに。来た道を戻り建長寺の境内へ戻ります。

方丈の唐門。近くで見ると本当に綺麗です!!

方丈へは靴を脱いで上がります。しっかり手指を消毒して中へ!

裏側から見た唐門。こちらから見ても綺麗。

庭園。縁側には椅子が置かれており、座ってゆっくり庭園を眺めることができます。平日昼間でもそれなりの人口密度だったので、休日はちょっと厳しいかも…。

私がお邪魔した時、方丈ではちょうど座禅会が開かれていました(゜o゜)!参加してみたいなあとぼんやり考えていたらコロナ禍に突入してしまったため再開は嬉しいですね!!さっそく12月の会に参加を…と思ったらなんと11月半ばで募集は締め切りでした…。実は座禅、写経あたりは密かに興味津々なので、1月の募集が始まったら今度こそ参加したいです。ついでに「建長寺の座禅会に行ってきた」みたいな記事も上げられれば|ω・)

ちなみに建長寺の座禅会は様子をちょっとだけうかがったら、みなさん和やかな雰囲気で楽しそうでしたよ!( *´艸`)

まとめ

建長寺は北鎌倉駅から歩いて15分程の禅寺。巨大な三門を始め広々とした境内は見どころ満載で、平日昼間ならば人口密度もほどほどのためゆっくりお寺散策が楽しめます。裏山の半僧坊は登るのが大変ですが建長寺とはまた異なった雰囲気を楽しめて、眺望も素晴らしくおススメです。紅葉を狙うならば12月半ばくらいがいいかも。お寺巡りに興味のある方はぜひ一度は立ち寄ってみてはいかかでしょうか??

ということで、最後まで読んでくださりありがとうございます!!また次の記事がありましたらお会いしましょう!!それでは(-ω-)/!!

+4
作者
この記事を書いた人は??
ネコ助

初めまして、ネコ助です。主に、散歩で歩いた場所や読んだ本などを記事にしていけたらと思っています。よろしくお願いします。

ネコ助をフォローする
コラム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました