短期集中連載「スイッチまでの道のり」第二話

さて前回に引き続き熱狂的任天堂信者である筆者が何故ここまでスイッチにこだわるのか・・それにはいくつか理由があるのですが語りだすときりがないので少しだけ語りたいと思います

まずはスイッチにはコントローラーを切り離せる通常版と持ち運びに便利なライトがあります、「じゃぁどっち買うんだよ」と言われたら迷わずに通常版を選びます、何故かってニンテンドースイッチは本来コントローラーを切り離して戻すときにスイッチの様に「カチッ」と言う快感とみんなで仲良く遊べるイメージがあり遊べるソフトが沢山あるそうでライトでは味わえないであろう高揚感と達成感があると思い筆者は迷わず通常版を買います

もう一つは同じ達成感と高揚感では最新作のポケモンとあつ森とスマブラがかなりやりがいがあると言う事、ポケモンではフォルム違いのサンダー、フリーザー、ファイヤー、巨大化するピカチュウやニャースを見るのが楽しみな事、あつ森では自分が作った家を世界中の人に見てもらうのとゲームで大好きな虫取りや釣りが出来、ゲットしたのを図鑑に登録したり博物館にと展示したりと色々面白い点が沢山ある事、スマブラはポケモンと同じくらい昔からやってるゲームですがスイッチ版では更にキャラが増えていて好きで使ってるカービィに吸収させて色々なカツラや着ぐるみのカービィが見て見たいです

筆者は父親と同じくらい遊べれば何でもいいので本体を買う時は中古ショップで買おうかと考えています(その分いくつかソフトが買えますので)

次回はスイッチの回数券やプリペイドについて語りたいと思います、筆者はスイッチを買って自分の手元に届くまでこの短期集中連載を書き続けていきたいと思います

+1
作者
この記事を書いた人は??
水川べる

はじめまして、閲覧ありがとうございます
趣味はお笑い鑑賞と子犬の赤ちゃんの面白ビデオを見る事、変な所で器用スキルが発動する器用貧乏ですがよろしくお願い致します

水川べるをフォローする
コラム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました