ガンプラ:ガンプラ製作で使うおすすめの道具を紹介

こんにちは。今回は、ガンプラ製作で使うおすすめの道具を紹介したいと思います。

ガンプラ製作に必須な道具はもちろんニッパーですが、

よりデティールアップしようと思えば、ヤスリや、デザインナイフ等も必要になってきます。

私は、子供の頃からガンプラを作ってきましたが、その時は、

ヤスリを買うならガンプラを2個買ったほうがいいと思っていました。

しかし、大人になってから、良い道具を使ったほうが、上手くガンプラを作れる事に気が付きました。

今回は、ガンプラをよりハイクオリティに製作するのに最低限、必要なおすすめの道具を

紹介していきたいと思います。

 

まず最初に紹介するのは、カッティングマットです。

ゲート処理でヤスリがけ等をすると机の上は汚れるものです。

本来はナイフで物を切る時の下敷きなのですが、カッティングマットがあると

机の上が汚れた時の掃除も楽です。

作業場の保護や汚れ防止の為にも、早めに用意しましょう。

次に、ニッパーです。

初心者の方はとりあえず、安価なプラモデル用ニッパーを用意しましょう。

(間違っても、金属用ニッパーは使わないようにッ!)

慣れてきたら、値は張りますが、より切り跡が綺麗に仕上がる『薄刃ニッパー』という

種類の物を使うといいでしょう。

続いて、ピンセットです。

ガンプラに付属するシールやデカールを貼るのに使用します。

ピンセットを使用すれば、指では難しい、細かな位置調整がしやすくなります。

最初の1本におすすめするのは、ツル首タイプのピンセット。

ストレートタイプよりも物をつかむ時に手首が自然な角度になり、作業がしやすいです

 

それから、デザインナイフです。

プラモデルの製作過程で欠かすことのできない道具のひとつです。

パーツの下処理時には、切る、削る、という場面が山ほど出てきますので、

ナイフ類は、初心者でも熟練者でも必ず必要になってきます。

カッターナイフでも、出来ない事はないですが、デザインナイフは切れ味が鋭く、

刃が固定されて小回りもきくので、作業性が全然違います。

 

最後に、ヤスリです。

どんなに切れ味が鋭く、刃先の薄いニッパーを使用しても、

完全にゲート跡を取り除くことはできません。この出っ張ったゲート跡を削り、

平滑な表面を作り上げるためにヤスリが必要となります。

プラモデル用には、紙ヤスリ金属ヤスリという2種類のタイプがあります。

紙ヤスリの目の荒さは400番600番800番があれば良いでしょう。

紙ヤスリと当て木がセットになった物がおすすめです。

金属ヤスリは、紙やすりに比べ、目が荒い為、それを生かして

プラモデルの角を際立たせるエッジ出しや、表面処理、大まかなヤスリがけを金属ヤスリで行い、

その後、紙やすり等で整えるという使い方ができます。

金属製なので、長く使っていけます。

 

以上が、ガンプラ製作で使うおすすめの道具です。

もちろん、今回紹介した道具以外にも、必要な、あるいは、あれば便利な道具はありますが、

数えたらきりが無いくらいあるので、最低限、必要な道具を抜粋して紹介しました。

+5
作者
この記事を書いた人は??
Nick Pandarl

どうも、こんにちは。 ゲームとプラモデルが好きです! 文章を書くことが苦手で、 うまく記事で伝えられないかも知れませんが、 よろしくおねがいします!

Nick Pandarlをフォローする
コラム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました