天月さんの10thAnniversaryLive幕張公演を観ての感想的な話-序-【初無観客LIVE参戦】

© 2021 AMATSUKI, All Rigthts Reserverd.Powered by SKIYAKI Inc.
背景の写真は[https://pixabay.com/ja/illustrations]のフリー画像よりお借りしました。

どうも、のーねいむ。です。
今回は僕の推しアーティストで唯一追っている歌手である『天月-あまつき-』さんが8月末に開催された有料無観客LIVEを観てきてので、その感想..の様な、想いを上手く言葉にできずgdgdとしゃべり続けるオタクの感情の漏れ出しの様な…そんな感じの記事です。

≪前述≫ライブの感想/レポートというと僕の中ではナタリーさんやSPICE等の企業サイトで掲載されるライブレポート思い浮かべてしまうのですが、仕事でレポートを書いてる企業さんやライブ慣れしている方程上手くまとめて表現するなんてのは今の僕にはハードルが高すぎるので、いつも通りに語彙力なんてものは無いです。(自分でも残念)
『この曲のここがね!ココ!ココが良かったの!』、『はぁ??可愛いかよ…』とかね
こんなのレポートじゃないやん!って思われた方はブラウザバックをお願いします。

はい、ということで今回は天月-あまつき-さんの活動10周年記念ライブの締めくくり!として
8月29日と30日の2Days公演として幕張メッセ 幕張イベントホールにて開催された
<天月-あまつき- 10th Anniversary Live Final!!>
の両日分、1日目の【Love&Pop】&2日目の【Rock&Cool】を観ての感想を1日目、2日目と
分けてお伝え出来たらな~と考えております!

が!今回は感想を書く前に書きたいこと(思い)があるので、-序章-として
そちらの内容を先に書かせて頂きたいと思います。
ですので、LIVEの感想だけ見たい等の場合はこの記事の後に続く
-前編-(1日目)-後編-(2日目)の方を見て頂ければと多分大丈夫です。

天月さんはどんな方か簡単に説明すると、
元々ニコニコ動画などの動画サイトにて歌の動画を投稿するのをメインに活動されていて
2014年にメジャーデビューしてからも活動の幅を更に広げ人気を集めている男性の歌い手さんです!
自分の好き(音楽)を仕事〉にすることを成功させ、尚且つ如何なる時でも周囲の活動者さんや
スタッフさんに関係者さん、そして僕たちリスナー側への優しさや温かさを持っていて、
自分一人だけじゃなくて皆で楽しむ!ことを意識してくれて、楽しめることを考えてくれる。
活動者以前の話として天月さん自身の人間性の良さが推しているととっても伝わってきて
応援していて良かったな、逆に元気貰えるな~って感じれるのが一つの魅力です..!(恥)

そんな天月さんですが去年になんと活動10周年を迎え、パシフィコ横浜や大阪城ホールにて
天月-あまつき- 10th Anniversary LIVE『The StarLight Seeker』と題した記念LIVEや、
同タイトルに『Winter Tour』を追加した8ヵ所9公演のホールツアーLIVEを
2019年の中間~2020年年頭にかけて開催されていました。

僕も12月30日年末に東京・国際フォーラムにて開催された公演に参戦して来ています。
しかも僕の場合、この時のLIVEが人生初めての本格的なLIVEだったのことに加えて
天月さんの本格的な会場で行われるLIVEを観たのも初めてでした。
天月さんを知ってファンになって約7年経ち、DVDやフリーLIVEで歌う姿は何度か観て
いましたが僕の天月LIVE参加歴はまだ生まれたてと新参者です。

動画や生放送を見続けていたのにせっかくのLIVE参加してこなかった理由を言うと 
女性だらけのとこに行くのが怖かった。一人怖い。これに尽きますね・・・
今は昔よりかは増えたと思いますが、
男性歌い手のファンの男女比って女性の方が圧倒的に数が多くて、
僕みたいな普段オタクのチキンが一人で参加しにいくのは非常に勇気が
必要なアレだな。と思い込み激しく考える様になり絶賛全く行けてなかったという。
興味はあっても怖いから行かない→でもこのシリアルどうしようか・・・せや!
とCD特典のLIVE抽選券を譲る相手をSNSで探すのも過去何度かやりました。

ただ武道館に大阪城ホールにと大きな会場でのLIVEも成功させる天月さんの活動を
観てく中で、興味大有りなのに行かないのも勿体無いと思いが膨れ上がってきたので
天月さんに関心を持ってくれていた母を連れて参戦して来ました。親子揃ってMCで泣いた

年末のLIVEの話はここまでに。(長文脱線失礼しました。)と、言いたいところですが
この時のLIVEの最後に新情報発表の時間があり、とある映像が公開されました。

↑天月さん本人Twitterからの引用ツイート。↑

10周年LIVEのFINALとして幕張メッセのホールでワンマンLIVE、
しかも2日間、更に両日セトリを変えた違うコンセプトを用意したLIVEを開催するとのこと…
この映像が流れた瞬間ホール内では大歓声発生。
ファンなら誰でも行きたいと考える出来事、当然僕も片方だけでも行きたいと思ってました。

が、だがしかし、

月日が流れコロナが発生しまして。大分端折りますが、感染は一向に止む気配も無く、
外出を控えてほしいとの令も出て、本当に多くの施設で営業休止が出されていく中じゃ当然
何十人~何万人もの人が集団で密になり声を出して楽しむ”LIVE”は全般的に開催中止だな、
仕方ないけど残念だなーとムードの中、4月上旬に天月さんのインフォTwitterが更新、
28日29日に開催予定でしたLIVEは感染拡大防止の為、8月の29日&30日に延期します。
とのツイートがされました。(中止ではなく延期な事に少し安堵してました、この時はね。)

それからyoutube配信でミニLIVE放送や誕生日特別生放送、普段の動画投稿や仲の良い96猫さんとの
ラジオ動画投稿やゲーム配信にサブチャンネル誕生と天月さんも可能な限りの活動をされていく中、
コロナの勢いは以前よりは緩くなったもののまだ感染は広がっている悲しい状況で7月になり
またインフォTwitterさんからLIVEに関してのお知らせが出され
コロナ感染症の状況を鑑みて中止させて頂く決定になりました。当日は別の企画をご用意します。
と延期したLIVEも中止に。と世間の状況を見て察していても残念だなぁという心情でした。

その後代々木アニメーション学院のCMソングを担当してたり、ローソンコラボが開催されたりして
約一月が経ち8月11日に天月さんの生放送内で上記の”別の企画”の詳細発表が公開されました。

天月10th Anniversary Live Final!!!〜Love&Pop/Rock&Cool〜in幕張生配信2days!
開催!!!(うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!
ということでやっと今回のタイトルであり、内容であるこちらのLIVEに繋がりました。
無観客LIVE開催に辿り着くまでの道程をどうしても省きたくなくて
、僕視点の思いを書き並べていたら滅茶苦茶長くなってしまいました。
今回の記事を-序-にしたのはこれが大きな理由です。(すんません!)

「10周年の締めのライブが休止だなんて悔しい!これじゃ次の周年を迎えられないよ!どうにか..」と悲しむ天月さん。そして放送画面に写し出されたのは天月さんのオリジナルキャラクター『正宗君
・・・では無くドラ〇もん寄りの見た目をした『マサえもん』!(※後に再登場します
「え?こうじゃない?」..とマウスの操作音が聞こえて数秒後、LIVEの情報が発表される流れでした。

今回無観客LIVEを開催する事を選択した天月さんですが、曰く一般応募前のチケット販売で既に満員
レベルの応募数が集まっていて、全体の観客数上限を大幅に削減(ソーシャルディスタンス的な)
すれば現地にお客さんを呼んでのLIVEが可能ですとの話もあったそうです。
でもそれだと既に行われた抽選販売に加えてまた更に当たり外れを付けないといけない問題等が
ありそれは避けたかった、だったら観に来てくれる人全員が観れる無観客LIVEをしようと決定
したとも後に言っていました。

ただ無観客LIVEを会場を変えずに”幕張メッセ”で行うというのは結構痛手だという面もあった
そうで、天月さんの活動史上過去最大級に滅茶苦茶ヤバイ【赤字】と苦笑いで言ってました。
..そらそうですよね、あの大きな会場で、延期に開催型式の変更を重ねて、
しかもチケ代は普段の半分程度に、当日のグッズ販売の収入も無しに、と少し考えるだけでも
ここで無理してこれからの活動大丈夫です..?!と心配で乾いた笑いが出ますね。うん。
無観客でするなら幕張じゃなくてももう少し小さな会場で規模も下げて開催してもよかった、
でも譲れなくて、どうしても幕張メッセというステージでやりたくて

なんてことも天月さんは放送内で言ってた気がします。 ならこの事態も仕方ないな!!

でも天月さんはお金が欲しいとは言わず、むしろ否定して「スパチャも大丈夫です!」
望んだことは【せっかくの無観客LIVEなので是非周りの知人や家族の方と楽しんで観て欲しい。
スマホやPCがあれば日本以外でも観れるし、アーカイブも残るので!
】なんて言ってて、
“楽しいことが楽しいんじゃなくて、楽しんでくれることが楽しい”
本心から多くの人に楽しんでもらいたい。と思っているんだなってのが伝わってきて
この時点で既に、僕は本当にこの人の活動に巡り合えて良かったな。って改めて思いました。

【今回の終わりにのコーナー】

LIVEの本格的な感想を語る前からこの長文に、書き連ねてて感じるこの満足した気持ち。
うーん、大丈夫だろうか。置いてけぼりで話進めてたらゴメンナサイ。(長さ的にも文脈的にも)
実は開催に至るまでの4月~8月の間告知や生放送を聞いて感情の高ぶりはあったものの具体的な
喜びの言葉とか言語化、表現はしてなくて、いざ記事にするぞと言っても読み応えある様な
ボリュームが書けるか心配だったのですが・・・逆に書きすぎた。オタクの悪いとこ出た。

これは次回以降も沢山書けるのでは?と自分の中のハードルが上がっていく感覚がしますが、
ここはハードルの下を潜って通り抜けれるようなイメージで引き続き感想の方を書いて
いきたいなと思います。変に語彙力上げてナタリーさん見習って専門用語調べて..とかすると
頭がパンクしてこれ以上に読みにくい文章になってしまうと思いますので、
何度も何度も大事な事なので忠告(?)しますが語彙力は破砕して自分の思いついた感情
ガガガッ!っと書いていく。そんな感じでお送りします。

ということで。今回はこの辺で終わりにしたいと思います。
LIVE前のことで思いついたことはある程度書き終えれて僕満足。満面の笑み
以上、【天月-あまつき-10thAnniversaryLive幕張公演の感想-序-】でした。
次回は1日目の公演『Love&Pop』のレポートになります。
では次回またお会いしましょう。ご観覧ありがとうございました。・。・ノシ

+6
作者
この記事を書いた人は??
のーねいむ。

のーねいむ。と申します。
自身の思いや頭にあることを言語化したり、簡潔にまとめることは苦手ですが、主に自分の趣味・興味関心に沿ったお話を展開していけたらなと思っておりますので、どうぞよしなに。(ただの量産型オタクです。)
《趣味》
・映画やアニメ鑑賞
・ゲーム(下手の横好き)
・プラモデル制作(下手の横好きMk.Ⅱ)

2020年6月~START...記事更新速度は考えたら負け!

のーねいむ。をフォローする
コラム音楽
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました