つぶやき~アイデアの引き出し~

私はこの前『8月31日の夜に』というNHKの番組を見ていた。

私はこの番組がなんとなく好き。
自分の悩みを吐き出せるし、心が落ち着くからだ

みんな悩みを寄せていて
「わかる」「わかる」と共感出来て
心が安心するのだ

私は初めてその番組で”よしあきくん”を見た
”よしあきくん”とはモデルの男の子である
私はその子の本を読んでいたので、初めて動いてしゃべっている
”よしあきくん”を見て感動した

「よしあきくん!
本読んだよ!いつも見てるよ!
(テレビで見たのこれが初めてだけど汗)
初めて会えて感動した!」
ってメッセージを送りたいくらいだった

私の悩みもこうやって吐き出せて消えていくといいなと思ってる

さて、
話は変わって今日は『私のアイデアの原点』について語っていこうじゃないか

ある日
「私のアイデアの原点ってなんだっけ…?」
と考えていてポン!と思い出したものがある

それは小学生の頃…
私は図工の時他の子と違って変わった考え方をしていた

例えば
先生が「みんなで水彩画で風景を描いてみましょう」と言った
しかし私はその逆を考えた
「必ずしも筆で描きなさいとは言ってないよね?」
「指で描いてはいけないとは言ってないよね?」
「はみ出してはいけないとは言ってないよね?」
と考えた

そう、先生が指定しているのは
風景画
水彩画
画用紙
なのである

このように
「~とは言ってないよね?」を使ってどんどん自由の幅を広げていった
先生に指定されてないものはすべて”OK”なのである
すべて”あり”なのである
こうして私はアイデアの自由をどんどん広げていった

このやり方で『貼り絵』をやった結果
学校の中で一番に選ばれ、先生に「これを文化コンクールに出展したらどうだい?」
と言われ
そこで優秀賞を取得した
(コンクールで優秀賞だったのか、学校で優秀賞だったのか、優秀賞だったのか最優秀賞だったのか、そこはうる覚えである)

それが今の豊富なアイデアの引き出しになっているんだと思う

ちなみに
家でも結構褒められていて、
「プリンの型がないなら、マグカップで作ればいいじゃない」
とお母さんに言って
「それナイスアイデアね!」
と褒められたこともある
(あとでよくよく考えたら、オーブン使うからプラスチック使えないじゃんと思った今日このごろ。笑)

+4
作者
この記事を書いた人は??
❀沙彩❀

絵を描くこと 動物 小説を書くこと 和太鼓 三味線 琴 獅子舞 水泳 けん玉 子供とふれあうこと 大好き❀沙彩❀です
いつもワクワクするブログや深い内容のブログを書いています
いつもたくさんの人たちに読んでもらえて嬉しいです(*^^*)

❀沙彩❀をフォローする
コラム
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました