予告チック小説~第一話~

日本で一二を争う財閥の社長が不慮の事故で死去、最初は数億程度とタカをくくっていた遺産は会社の資産や国内や国外にある土地や別荘の資産を含め数百億になる事が判明した・・内縁の妻と息子、本妻と長女とその夫、長男と次女、前妻とその子供、不倫相手と婚外子(隠し子)、孫が遺産を巡り土地や会社の売却、そして家庭崩壊と運命の歯車は狂い始めた・・
「その話本当なんですか?」
「あなたのおばあ様と再婚されました旦那様がお亡くなりになりまして・・お孫様にあたる貴方様に遺産が来るように旦那様は遺言書を残されたようです」
「ん~今一つ信じられませんね~」
「あんたが弁護士が言っていた女の孫だね」
「見た感じいかさま師みたいね、どうやってお父様をたぶらかしたのか」
「おじいちゃんなんて言わないでちょうだい、汚らわしい」
「あー・・・・・・だりぃ・・・・・」
果たして遺産の行方は・・主人公の運命はいかに・・「華麗なる遺産」近日公開
おじいちゃん役 役所広司
「突き当りを右ですね」

+3
作者
この記事を書いた人は??
水川べる

はじめまして、閲覧ありがとうございます
趣味はお笑い鑑賞と子犬の赤ちゃんの面白ビデオを見る事、変な所で器用スキルが発動する器用貧乏ですがよろしくお願い致します

水川べるをフォローする
小説
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました