小説

小説

土とともに #9(ポペラ大陸の「神」の元へ)

#8はこちら  僕は話を切り出すタイミングを考えていた。「僕はあなたのこ...
小説

土とともに #8(「ポペラヒルク」に到着)

#7はこちら  あれから5分くらい歩いただろうか、気づけば「土界人」とす...
小説

土とともに #7(編み笠を被った謎の男)

前回はこちら  ここで突拍子もなく始まった重要な話の一区切りついたよう...
小説

土とともに #6(この世界の実状)

前回はこちら  歩き出してから30分ほど経過した。「ポペラヒルク」に向か...
小説

土とともに #5(いざ「ポペラヒルク」へ 下)

前回はこちら  目の前に広がる光景にしばらくあっけを取られていたが、ふと...
小説

土とともに #4(いざ「ポペラヒルク」へ 上)

前回はこちら 「私に掴まるのだ」 そう言われ、恐る恐る彼に掴まった。まだ...
小説

土とともに #3(「神」と名乗る謎の男)

前回はこちら 「へっ?」 あまりに唐突な発言に理解ができなかった。「あ、...
小説

土とともに #2(土界へ)

前回はこちら  やがて体の感覚が戻っていくのを感じた。先ほどの金縛りの...
小説

土とともに #1

「今度、久々に会おうよ」急に学生時代の友人から連絡が来た。ここ最近、昔の知り合...
タイトルとURLをコピーしました