漫才版日本シリーズ

↑今年もこの季節がやってきました・・・と言ってもまだ準決勝の段階なんですけどね・・今年もやって来ました漫才界の日本シリーズことM-1グランプリ、先程速報で準決勝進出者25組が決まりました(※丸印がついているのは決勝進出者)

ー準決勝進出者一覧ー

・キュウ(現在調査中)

・カベポスター(現在調査中)

・ダイタク(数ある兄弟漫才師の中ではかなりの実力派かと、双子ならではのシンクロとコンビネーションで爪痕を残してほしい「

・オズワルド〇(令和のおぎやはぎと評価が高いボヤキ漫才が特徴、今年も楽しいボヤキを見せてくれるか)

・ロングコートダディ

・コウテイ(ハイテンション漫才で唯一面白いと思った漫才師、決勝でも審査員達に爪痕を残して欲しい、もし何かしらの形で決勝に進んだらオール巨人との因縁の対決をしてほしい)

・ニッポンの社長(キングオブコントで赤丸急上昇になりヤフー検索でも上位になったコンビ、ネタがどこか初期のごっつええ感じのような独創的なネタに評価あり)

・ニューヨーク〇(言わずと知れたぺこぱの次にM-1で仕事が増えたコンビの代表格、筆者が好きなネタで「窪塚洋介35歳(←漫才)」や舎弟の髪型が気になり出した親分の人生の歯車が狂って行き、しまいには舎弟を射殺するネタ(←コント)が好きです

・タイムキーパー(現在調査中

・ゆにばーす

・おいでやすこが〇みんな大好きおいでやす小田とウチのガヤでお馴染みのこがさんの即興コンビ)

・滝音(今年度(2020年)キングオブコントで目下赤丸急上昇コンビ、漫才でも革命を起こせるか)

・マヂカルラブリー〇(今年度(2020年R-1チャンピオンで有名なコンビ、近年はゲーム動画でちびっこ人気が高いとか、一度自作ゲームの有料ボタンににふざけてデヴィ夫人は300万円と言うネタがウケました、今年こそ決勝に出て上沼恵美子と2度目の競演が出来るといいなと)

・学天即(五年連続準々決勝敗退なのでいい結果が見て見たいです

・からし蓮根(ポスト華丸大吉(←筆者談)と呼び声の高い九州男児、見取り図の次に審査員に媚びない芸を期待している)

・ランジャタイ(頭から離れない癖のあるフレーズに定評あり)

・東京ホテイソン〇(にちようチャップリンやネタパレでじわじわ来ているコンビ、独創的なツッコミは見てて癖になります)

・アキナ〇(和牛、アインシュタインとしのぎを削った実力派、結成当時はお笑い三人組だったのを知ってる人はあまり少ないのでは・・コントも漫才にも定評あり)

・インディアンス(歩くキマワリ(←ポケモンの名前)で有名なコンビ、おっさん赤ちゃんやおっさん女子高生などのおっさんシリーズも面白く今年はどんなおっさんんが出てくるか楽しみです)

・祇園(「立ってこれ」と言うギャグで関西のお茶の間に人気のあるコンビ、ネタによって微妙に調節されてるのも特徴でありボケツッコミが逆になる変化球な面も見せる)

・錦鯉〇(遅咲きと言う言葉が楽しい位に合うおじさんコンビ、ボケの人の奥歯が全部なくインプラントを入れたけど収録中にインプラントも一個飛んだのも面白い(←爆笑問題のシンパイ賞にて)、史上最年長のチャンピオンになれるのだろうか)

・ウエストランド〇(タイタン(←爆笑問題の所属事務所)の秘蔵っ子と言われて数年、今年こそいい成績かつ爪痕を残せるだろうか、ツッコミの人は歯茎の変な所に歯が生えてるのが特徴)

・見取り図〇(筆者がチャンピオン候補予想上位のコンビでファンや審査員に媚びないネタと笑いが特徴で虚言に近いネタを今年も見れるのかと思うとワクワクします(※偉人のマルコ牧師やEXILEの新人ダンサーのイエヤスとツナヨシ、夏休みやお正月にお小遣いをくれる親戚のディエゴのおっちゃん等)

・金属バット(令和の野性爆弾と呼ばれる自由人コンビ、見取り図と同じテイストでこれまたファンや審査員に媚びないネタが特徴)

短期集中連載の形で書いて行こうと思いましたが思いのほか早く決勝進出者の発表が来てしまいましたので結果が分かり次第続きを描こうと思います

+3
作者
この記事を書いた人は??
水川べる

はじめまして、閲覧ありがとうございます
趣味はお笑い鑑賞と子犬の赤ちゃんの面白ビデオを見る事、変な所で器用スキルが発動する器用貧乏ですがよろしくお願い致します

水川べるをフォローする
その他
CREATORSよこはまPLUS
タイトルとURLをコピーしました